Help us understand the problem. What is going on with this article?

yum updateで[Errono12] Timeoutのエラー

やりたいこと

他の環境からインポートしたVMWare上のCentOS7で、yum updateを実行するとエラーになる為、解消したい。

経緯

開発環境を構築する(CentOS上でLaravelを動かす)にあたり、他の環境(VMware vSphereだったはず)からエクスポートされた仮想マシンを、開発PCのVMWarePlayerでインポートして調整していました。
その中でyum updateを実行したところ、以下のエラーが発生しました。

http://mirro.centos.org/centos/7/os/x87_64/repodata/repomd.xml: [Errno 12] Timeout on http://mirro.centos.org/centos/7/os/x87_64/repodata/repomd.xml: (28, 'Connection timed out after 30004 milliseconds')
他のミラーを試します
・・・(以降、同様のエラー)

環境

  • VMWare WorkStation 15 Player
  • ゲストOS:CentOS7(他端末からインポート)
  • ホストOS:Windows10

対応

1.ipv6を無効化してみる => ダメでした※

 参考:https://wiki.centos.org/FAQ/CentOS6#head-d47139912868bcb9d754441ecb6a8a10d41781df

2.baseurlに、日本のリポジトリを設定 => ダメでした※

 参考:https://qiita.com/sksmnagisa/items/fb78f2cc4f5ca85a639e#タイムアウトを長くする

3.移行元のプロキシ設定があった! => コメントアウト => 解消しました

 「/etc/yum.conf」に、移行元環境のプロキシ設定が残っていました。
 「proxy=」と「http_proxy=」の行をコメントアウトしたところ、エラーが解消できました。

/etc/yum.conf
# Proxy Setting(yum,wget)
#proxy=http://xxx.xxx.xxx.xxx
#http_proxy=http://xxx.xxx.xxx.xxx

※あくまでも今回のケースで解消されなかっただけです。とても参考になりましたし、解決のヒントを得られました。

まとめ

yumのエラー対処法については多くの情報がありましたが、移行してきた環境だったからか、ズバリの情報が見つからなかったので、残しました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away