Help us understand the problem. What is going on with this article?

駆け出しエンジニア日記 #4

日記の目的

  • 1週間通して得た知識や仕事に対する考え方のアウトプットの機会を作るため
  • マークダウン記法に使いこなすようになるため
  • 将来読み返した時に楽しむため
  • 今後、エンジニアとして働く人たちの参考記事になるように

目次

1.振り返り
2.学んだこと
3.まとめ
4.今週の参考記事

振り返り

6/22~6/26

  • 開発業務(使用言語:javaScript)
    • プランごとのアプリの数の取得(これが本当に難しい)
      • sequalizeのscopeメソッドの活用
      • Array#map/filter/forEachの活用
    • LPコーディング
      • bootstrapの活用
      • paddingとかmarginに手こずる
  • 求人対応
    • メール作成
    • 日程調整
  • bootcamp(自分で進める社内研修みたいなもの)

    • javaの勉強(というよりオブジェクト指向の理解度の向上)
  • サポート業務の増加

    • サポート対応に追われ始めている
      • 近頃アウトソースするっぽい
      • リリース告知文作成

学んだこと

html/cssのmargin padding

  • 最近は自社製品のLPコーディングをメインに行なっている
  • 今週は業務に追われ学んだこと他にナシ

まとめ

  • 開発しながら毎日勉強という日々
    • わからないことが多すぎて
      • 少し仕事の進捗が行き詰まりつつある(やばい)
  • 学習してきたはずだがbootstrapをうまく使えなかったり
  • cssのmargin/padding/displayに苦しめられたり
  • 採用活動が活発化してきた
    • メール作成
    • 日程調整
    • (そろそろ経験者も視野に入れて採用活動するフェーズに移行するべきか?)

今週の参考記事

https://codelearn.jp/articles/damn-good-advice

ryohi15
プログラミング勉強中です。 アウトプットメインで投稿していきます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした