備忘録です。

目的

時計アプリを作る際に必要不可欠な、リアルタイム更新されるテキスト系の時計を用意する。

テキストを用意する

Hierarchyビュー上で右クリック -> UI -> Text で
Canvas内にTextが生成される。
ゲームビューを確認しつつテキストの位置やサイズ等を設定する。(詳細は割愛する)

コードを書く

Projectビュー上のAssetsで右クリック -> Create -> C# Script で
C#スクリプトを生成してコードを書く。

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class TimeNowScript : MonoBehaviour {

    private Text ClockText;

    // Use this for initialization
    void Start () {
        ClockText = GetComponentInChildren<Text>();
    }

    // Update is called once per frame
    void Update () {
        ClockText.text = DateTime.Now.ToLongTimeString();
    }
}

コードの補足

参照の追加

using System;
using UnityEngine.UI;

参照にこの2つを追加した
DateTime関連の参照にSystem、UnityのUI関連にUnityEngine.UIが使われる

タイマーを表示するテキスト

    private Text ClockText;

classの代わりにTextと記述する

Textコンポーネントを取得

    void Start () {
        ClockText = GetComponentInChildren<Text>();
    }

親子関係にある子オブジェクトからTextコンポーネントを取得する
記述し忘れるとNullReferenceException: Object reference not set to an instance of an objectになる

現在時刻を取得

    void Update () {
        ClockText.text = DateTime.Now.ToLongTimeString();
    }

デバイスから現在取得し、テキストにリアルタイム反映させる
ToShortTimeString()の部分は以下に直すことで別の形式で反映させることができる

// 時、分を取得する(hh:mm (AM/PM))
        ClockText.text = DateTime.Now.ToShortTimeString();
// 時、分、秒を取得する(hh:mm:ss (AM/PM))
        ClockText.text = DateTime.Now.ToLongTimeString();
// 日付を取得する(MM/dd/yyyy)
        ClockText.text = DateTime.Now.ToShortTimeString();
// 日付を取得する(曜日,日付,yyyy)
        ClockText.text = DateTime.Now.ToLongTimeString();

アタッチする

書いたスクリプトを、生成したテキストにアタッチして、Playして動作を確認する。

録画_2018_04_16_01_07_09_482.gif

おまけ

上の画像のようにテキストに影をつける場合、
テキストのInspectorビューの下部のAdd Component -> 検索欄にShadowと入力 -> Shadow で
くっきりとした影をつけることができる(位置調整、色、透明度の設定も可能)。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.