CLion

CLionインストール&設定、googletest設定

More than 1 year has passed since last update.

clion(C++用IDE)インストール

  1. https://www.jetbrains.com/clion/ からダウンロード(有料版か30日無料)
  2. 「tar -xf ClionXXX.tar.gz」
  3. 「mv ClionXXX /usr/local/clion」
  4. 「cd /usr/local/clion/bin」
  5. 「./clion.sh」でインストール

日本語化プラグイン

  1. http://mergedoc.osdn.jp/#pleiades.html#PLUGIN からLinux用をダウンロード
  2. 「unzip pleiades.zip」適当なフォルダの中でやる
  3. 「cd plugins」
  4. 「mv jp.sourceforge.mergedoc.pleiades /home/(ユーザ名)/.{product_version}/config」
    • 「plugins」フォルダの「jp.sourceforge.mergedoc.pleiades」を構成ディレクトリに移動
    • 構成ディレクトリは、/home/(ユーザ名)/.{product_version}/config
    • .{product_version}は、Clion何とかのはず
  5. Clion起動し、メニューの「Help > Edit Custom VM Options...」
  6. 開いた設定ファイルの下に以下を追記
  7. 再起動
-Xverify:none
-javaagent:(構成ディレクトリのフルパス)/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  • ビルドができない場合は、既存プロジェクトの「構成の編集」が必要

googletestのインストール(C++用ユニットテストフレームワーク)

  1. 「git clone https://github.com/google/googletest.git」で、googletestというフォルダにダウンロードされる
  2. 「cd googletest」
  3. 「mkdir build」「cd build」
  4. 「cmake ..」「make」でコンパイル
  5. 「sudo make install」

googletestを使う

  1. CLionでプロジェクトを作る
  2. testディレクトリなどを作る
  3. プロジェクトルートのCmakeLists.txtに、testディレクトリを追加
CMakeLists.txt
#・・・
add_subdirectory(test)
  1. testディレクトリのCMakeLists.txtを以下のように作成
test/CMakeLists.txt
project(unitTests)

add_executable(unitTests
        Tests.cpp)

target_link_libraries(unitTests
        gtest
        gtest_main
        pthread) # 必要な場合とそうでない場合がある
  1. テストコードを追加
test/Tests.cpp
#include <gtest/gtest.h>
TEST(unitTests, test1) { // unitTests、test1は好きな名前で良い
    EXPECT_EQ(1, 1);
}
  1. CLionの上部メニュー「実行」→「構成の編集」から、「+」ボタンを押し「Google Test」を追加
  2. (上記の場合)ターゲットを「unitTests」にする。名前は適当に付ける
  3. 実行すると、テストが完了するはず

CLion設定

  • C++11に対応させる
    1. メニューのファイル → 設定 → ビルド、実行、デプロイ → CMake → CMake Options
    2. 「-D CMAKE_CXX_COMPILER=/opt/rh/devtoolset-2/root/usr/bin/g++」を書く(devtoolset-2の場合)
  • CMakeLists.txtに、コンパイルオプションを追加する場合は「set(CMAKE_CXX_FLAGS "${CMAKE_CXX_FLAGS} -Wall")」のように書く