ContextのおさらいとApplicationContextをどこからでも参照できるようにする方法