Edited at

ゼロから作る Deep Learning 勉強メモ #1

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

ゼロから作る Deep Learning の勉強メモです。

https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117584/

https://www.amazon.co.jp/dp/4873117585

本を読み進めていく上での副産物(メモ、自作プログラム)を書いていきます。

勉強メモ#2

勉強メモ#3

勉強メモ#4

勉強メモ#5

勉強メモ#6

勉強メモ#7


Anaconda ディストリビューションのインストール

Python3 の Anaconda ディストリビューションをインストールします。


pyenvのインストール

いきなりインストールすると怖いので、環境をスイッチできるソフトウェアを探します。

pyenv というものがあるみたい。

https://github.com/pyenv/pyenv

まずはこれを導入してみます。

$ brew update

...省略...
$ ➜ ~ brew install pyenv
==> Installing dependencies for pyenv: pkg-config, readline
==> Installing pyenv dependency: pkg-config
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/pkg-config-0.29.2.sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring pkg-config-0.29.2.sierra.bottle.tar.gz
🍺 /usr/local/Cellar/pkg-config/0.29.2: 11 files, 627KB
==> Installing pyenv dependency: readline
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/readline-7.0.3_1.sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring readline-7.0.3_1.sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local.

macOS provides the BSD libedit library, which shadows libreadline.
In order to prevent conflicts when programs look for libreadline we are
defaulting this GNU Readline installation to keg-only.

For compilers to find this software you may need to set:
LDFLAGS: -L/usr/local/opt/readline/lib
CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/readline/include

==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/readline/7.0.3_1: 46 files, 1.5MB
==> Installing pyenv
==> Using the sandbox
==> Downloading https://github.com/pyenv/pyenv/archive/v1.0.10.tar.gz
==> Downloading from https://codeload.github.com/pyenv/pyenv/tar.gz/v1.0.10
######################################################################## 100.0%
🍺 /usr/local/Cellar/pyenv/1.0.10: 560 files, 2.2MB, built in 5 seconds

インストールが終わったようです。


Anaconda ディストリビューションのインストール

次は、pyenv を使って、Anaconda ディストリビューションをインストールします。

まずは、pyenv に、インストール可能なバージョンを見せてもらいます。

$ pyenv install -l | grep anaconda3

anaconda3-2.0.0
anaconda3-2.0.1
anaconda3-2.1.0
anaconda3-2.2.0
anaconda3-2.3.0
anaconda3-2.4.0
anaconda3-2.4.1
anaconda3-2.5.0
anaconda3-4.0.0
anaconda3-4.1.0
anaconda3-4.1.1
anaconda3-4.2.0
anaconda3-4.3.0
anaconda3-4.3.1

事情をよく知らないので、とりあえず本に書いてあるものと同じバージョンを選びます。

$ pyenv install anaconda3-2.1.0

Downloading Anaconda3-2.1.0-MacOSX-x86_64.sh...
-> https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-2.1.0-MacOSX-x86_64.sh
Installing Anaconda3-2.1.0-MacOSX-x86_64...
Installed Anaconda3-2.1.0-MacOSX-x86_64 to /Users/rkosaka/.pyenv/versions/anaconda3-2.1.0

インストールが終わったようです。

確認してみます。

$ pyenv versions

* system (set by /Users/rkosaka/.pyenv/version)
anaconda3-2.1.0

インストールされてますが、昔からある python が選ばれています。

anaconda3-2.1.0 を使いたいので、切り替えます。

➜  ~ pyenv global anaconda3-2.1.0

➜ ~ pyenv versions
system
* anaconda3-2.1.0 (set by /Users/rkosaka/.pyenv/version)

切り替わったようです。

python コマンドで確認してみます。

$ python --version

Python 2.7.10

ムムッ、切り替わってない...。

OSX が使っているパスが、pyenv が触っているパスと違うのではないかと推測しました。

$ pyenv which python

/Users/rkosaka/.pyenv/versions/anaconda3-2.1.0/bin/python
$ which python
/usr/bin/python

ビンゴです。

この2つのコマンドの結果を同じにしたい。

pyenv の github をちゃんと読むと、シェルに設定を追加しなさいと書いてありました。

下記の行をシェルスクリプトの設定ファイル(.bashrc とか .zshrc とか)に追記してみます。

eval "$(pyenv init -)"

この状態で、シェルを閉じて、また立ち上げてみます。

$ pyenv which python

/Users/rkosaka/.pyenv/versions/anaconda3-2.1.0/bin/python
$ which python
/Users/rkosaka/.pyenv/shims/python
$ python --version
Python 3.4.1 :: Anaconda 2.1.0 (x86_64)

どうやら pyenv を通して python を選ぶようになってくれたみたいです。

これで Anaconda ディストリビューションのインストールは終わりです。