neovim

Ubuntu 16.04にNeoVim を導入する

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu xenial DesktopにNeoVim入れた時の簡易メモ。


Env


  • Ubuntu xenial Desktop


Install NeoVim

NeoVim本体

# add ppa

$ sudo apt-get install software-properties-common

$ sudo add-apt-repository ppa:neovim-ppa/unstable
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install neovim

Install dependencies for NeoVim's python3 module

$ sudo apt-get install python3-dev python3-pip

# upgrade pip3
$ pip3 install -U pip3

Pathの確認

$ which nvim

/usr/bin/nvim

NeoVimでpython3 moduleが有効かの確認はNeoVim起動して、:echo has('python3')と打って、1が返れば有効になっている。deoplete.nvimを使うなら必要。


References


config

NeoVimはVimと設定ファイル(.vimrc)を共有できる。NeoVim特有のPathでも設定ファイル(init.vim)を指定できる。

NeoVimでは、XDG Base Directoryの仕様を採用しているらしい。XDGはX Windows System desktop関連のOSS Projectであるfreedesktop.orgの旧名?らしい。間違ってたらすまん。

NeoVimのHelpで確認できる。:help base-directories, :help vimrc-intro


CONFIGURATION DIRECTORY $XDG_CONFIG_HOME

Base directory default:

Unix: ~/.config

Windows: ~/AppData/Local

Nvim directory:

Unix: ~/.config/nvim/

Windows: ~/AppData/Local/nvim/


ここでは、設定ファイルは$XDG_CONFIG_HOME/nvim/init.vimとする。

$HOME/.vimrcが存在しても、$XDG_CONFIG_HOME/nvim/init.vimがNeoVimでは優先されるみたい。なので、VimとNeoVimの設定ファイルを分けたい場合は、$XDG_CONFIG_HOME/nvim/init.vimにNeoVim用の設定を書けば良い。


misc

Vimでは有効な設定オプションがNeoVimではいくつか無効になっている。

詳細はNeoVimのvim_diff.txtに。

https://github.com/neovim/neovim/blob/master/runtime/doc/vim_diff.txt