Posted at

Pakcage managerでShader Graphを導入する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

「Unity2018.1」からシェーダーグラフが試験的に使えるようになりました。

ノードをぽちぽち足していくことで独自のシェーダーが使えるらしい!

というわけで、導入編です。


導入(失敗編)

Package Manager経由でShader Graphをインストールしましたが、Shader Graphのみではダメでした。ShaderGraphの画面が最初から紫色になっており、パラメーターいじっても変更できない状態となっています。


導入(解決編)

lightweight render pipelineの設定が必要です。

[Window]->[Pakcage manager]->[ALL]タブから下記2点をインストールします。

・Shader Graph

・lightweight render pipeline

[Projects]->[Create]->[Rendering]->[LightWight Pipeline Asset]を選択し、設定ファイルを作成

[Edit]->[Project Settings]->[Graphics]を選択し、InspectorタブのScriptable Render Pipeline Settingsに上で作成した設定ファイルを設定する。

[Projects]->[Shader]->[PBR Graph]で、New Shader Grapgを作成し、開いて下記の様になればOK。