Mac
開発環境
vagrant
RubyOnRails

Mac+Vagrant+Ubuntu+rbenvでRubyonRailsの開発環境構築メモ

Virtualboxのインストール

MacOS用のdmgImageをダウンロードしてインストール
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html?ssSourceSiteId=otnjp

Vagrantのインストール

https://www.vagrantup.com/downloads.html

  • アンインストールは以下のフォルダを削除する

/usr/local/bin/vagrant
/opt/vagrant
/Users/ユーザ名/.vagrant.d

UbuntuのboxイメージのダウンロードとVagrant boxへの追加

http://www.vagrantbox.es/
今回は以下のイメージを使ってみる。
Official Ubuntu 14.04 daily Cloud Image amd64 (Development release, No Guest Additions)
のurlをコピー。
ターミナルで以下を実行する。

# vagrant box add 任意のbox名 boxファイル
vagrant box add ubuntu https://cloud-images.ubuntu.com/vagrant/trusty/current/trusty-server-cloudimg-amd64-vagrant-disk1.box

boxが追加されたことを確認する

# vagrant box list
ubuntu (virtualbox, 0)

仮想開発環境作成

  • 開発環境として使用するフォルダを新規作成する(場所やフォルダ名は任意)
  • 作成したフォルダ内で以下のコマンドを実行するとVagrantfileができる。
# vagrant init 上で追加したbox名
vagrant init ubuntu

Vagrantfileの編集

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "ubuntu"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
end

上記までできたら、

vagrant up
vagrant ssh

で仮想環境に入れる。
仮想環境を閉じるには

vagrant halt

gitのインストール

gitをインストール
https://git-scm.com/book/ja/v1/%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B-Git%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

rbenvとrubyのインストール

sudo apt-get install -y libreadline-dev
git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
rbenv --version
rbenv install --list
rbenv install 2.4.1
rbenv versions
rbenv global 2.4.1
rbenv rehash
ruby -v

railsのインストール

gem install rails
rails -v

アプリケーション作成

cd /vagrant
rails new myapp
cd myapp
bundle instal

足りないgemとかで怒られたら、随時gem installする

railsサーバー起動

cd /vagrant/myapp
rails s

localhost:3000
FireShot Capture 66 - Ruby on Rails - http___localhost_3000_.png