CentOS
vagrant
VirtualBox

Vagrant(1.7.2)でCentOSをインストールする

More than 3 years have passed since last update.


目次


  • 目的

  • 関連サイト


    • 公式サイト

    • 参照サイト



  • ダウンロードソフトウェア

  • 環境

  • 手順


目的


  • Windows7のVirtual BoxにCentOSをインストールする

  • インストールにはVagrantを使用する

  • VagrantでインストールしたCentOSに接続する

  • CentOSの接続にはTeraTermを使用する


関連サイト


公式サイト


参考サイト


ダウンロードソフトウェア


環境


ホストマシン


  • Windows 7 Home Premium


    • Vagrant 1.7.2

    • VirtualBox 4.3.26-98988




ゲストマシン(今回インストールする)


  • CentOS 7


手順


  • Vagrantのboxの選択

  • Vagrantにboxをadd

  • Vagrantのboxから仮想マシンを生成

  • 仮想マシンに接続


Vagrantのboxの選択


  1. Vagrantbox.esにアクセスする。

    Vagrantのboxの選択_001.png


  2. 検索ボックスに"CentOS"を入力する。

    Vagrantのboxの選択_002.png


  3. 検索結果から目的のboxにある"コピー"をクリックする。ここでコピーしたURL文字列をVagrantのbox addコマンドで用いる。

    Vagrantのboxの選択_003.png



Vagrantにboxをadd


  1. コマンドプロンプトで以下のとおり実行する。

    bash

    C:\>vagrant box add CentOS7_x64 https://github.com/holms/vagrant-centos7-box/releases/download/7.1.1503.001/CentOS-7.1.1503-x86_64-netboot.box

    ==> box: Adding box 'CentOS7_x64' (v0) for provider:

    box: Downloading: https://github.com/holms/vagrant-centos7-box/releases/download/7.1.1503.001/Ce

    ntOS-7.1.1503-x86_64-netboot.box

    box: Progress: 100% (Rate: 527k/s, Estimated time remaining: --:--:--)

    ==> box: Successfully added box 'CentOS7_x64' (v0) for 'virtualbox'!


  2. 追加されたboxを確認する。

    bash

    C:\>vagrant box list

    CentOS7_x64 (virtualbox, 0)



Vagrantのboxから仮想マシンを生成


  1. 仮想マシンを格納するフォルダを作成する。ここではUserユーザのものとして、 C:\Users\User\VM\CentOS7_x64_001とする。コマンドプロンプトで以下のとおり実行する。

    bash

    C:\>cd c:\Users\User\

    C:\Users\User\>mkdir VM\CentOS7_x64_001

    C:\Users\User\>cd VM\CnetOS7_x64_001

    C:\User\User\VM\CentOS7_x64_001>


  2. 仮想マシンを生成する。仮想マシン名は”CentOS7_x64_001"とする。コマンドプロンプトで以下のとおり実行する。なお、仮想マシン名とフォルダ名は同一でなくても構わない。

    bash

    C:\Users\User\VM\CentOS7_x64_001>vagrant init CentOS7_x64

    A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now

    ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read

    the comments in the Vagrantfile as well as documentation on

    `vagrantup.com` for more information on using Vagrant.


  3. 仮想マシンを起動する。コマンドプロンプトで以下のとおり実行する。コマンドは仮想マシンを生成したフォルダにて実行する。

    bash

    C:\Users\User\VM\CentOS_x64_001>vagrant up

    Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...

    ==> default: Importing base box 'CentOS7_x64'...

    ==> default: Matching MAC address for NAT networking...

    ==> default: Setting the name of the VM: entOS7_x64_001_default_1431188304390_64185

    ==> default: Clearing any previously set forwarded ports...

    ==> default: Clearing any previously set network interfaces...

    ==> default: Preparing network interfaces based on configuration...

    default: Adapter 1: nat

    ==> default: Forwarding ports...

    default: 22 => 2222 (adapter 1)

    ==> default: Booting VM...

    ==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...

    default: SSH address: 127.0.0.1:2222

    default: SSH username: vagrant

    default: SSH auth method: private key

    default: Warning: Connection timeout. Retrying...

    default: Warning: Connection timeout. Retrying...

    default:

    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically replace

    default: this with a newly generated keypair for better security.

    default:

    default: Inserting generated public key within guest...

    default: Removing insecure key from the guest if its present...

    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH key...

    ==> default: Machine booted and ready!

    ==> default: Checking for guest additions in VM...

    ==> default: Mounting shared folders...

    default: /vagrant => C:/Users/Masayuki/VM/CentOS7_x64_001


  4. 仮想マシンの確認。VirtualBoxを起動し、仮想マシンが存在し、"実行中"であることを確認する。

    Vagrantのboxから仮想マシンを生成_001.png



仮想マシンへの接続

vagrant upによって起動した仮想マシンではSSHサーバが起動しているため、ホストからSSHによって接続することが可能である。SSHでの接続方法はvagrantコマンド経由での接続と通常通りのSSHクライアントを起動しての接続がある


vagrantコマンド経由での接続

Windowsがホストマシンの場合、vagrantコマンドは内部的に別のSSHクライアントを呼び出す。そのため、CygwinやMinGWなどでSSHのクライアントがインストールされている必要がある。なお、CygwinやMinGWなどでSSHのクライアントがインストールされていない場合、vagrantコマンド経由で接続しようとすると以下の様な出力を得る。

``bash

C:\Users\User\VM\CentOS7_x64_001>vagrant ssh

ssh` executable not found in any directories in the %PATH% variable. Is an

SSH client installed? Try installing Cygwin, MinGW or Git, all of which

contain an SSH client. Or use your favorite SSH client with the following

authentication information shown below:

Host: 127.0.0.1

Port: 2222

Username: vagrant

Private key: C:/Users/User/VM/CentOS7_x64_001/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key

```


SSHクライアントを起動しての接続

SSHクライアントを使用して、仮想マシンへ接続する。ここでは、TeraTermを使用する。


  1. TeraTermを起動する。ホストに"127.0.0.1"、サービスに"SSH"、TCPポートに"2222"、SSHバージョンに"SSH2"を入力する。


    Vagrantのboxから仮想マシンを生成_002.png


  2. セキュリティ警告のダイアログが表示されるので、"このホストをknown hostsリストに追加する(A)"のチェックボックスをオンにして[続行]をクリックする。


    Vagrantのboxから仮想マシンを生成_003.png


  3. SSH認証のダイアログが表示されるので、ユーザ名に"vagrant"、パスフレーズに"vagrant"、"プレインテキストを使う(L)"のラジオボタンをオンにして[OK]をクリックする。


    Vagrantのboxから仮想マシンを生成_004.png


  4. SSH接続完了

    Vagrantのboxから仮想マシンを生成_005.png


以上