Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【PHP】Qiitaの記事件数で見る配列まわりの関数の使用度合 (2017/3/22時点)

More than 3 years have passed since last update.

この記事の内容はすべて2017/3/22時点のものです。

PHPマニュアルの関数リファレンスを参照すると、配列まわりの関数は79あります。

これらの関数はQiitaの記事でどれだけ使用されているのか、
Qiitaの検索窓で『body:"array_change_key_case" tag:"php"』みたいに入力して件数を調べてみました。

下表の説明はPHPの公式マニュアルからの引用です。
https://secure.php.net/manual/ja/book.array.php

リンクをクリックするとQiita内の検索結果に遷移します。

検索仕様上、部分一致して、実態より大きい件数が出ているものが多々あります。
特に1つの汎用的な単語からなる関数については、まずアテにならない件数ですのでご参考までにどうぞ。

順位 関数名 件数 説明
1 array 2824 配列を生成する
2 key 1266 配列からキーを取り出す
3 count 703 変数に含まれるすべての要素、 あるいはオブジェクトに含まれる何かの数を数える
4 list 658 配列と同様の形式で、複数の変数への代入を行う
5 end 495 配列の内部ポインタを最終要素にセットする
6 current 338 配列内の現在の要素を返す
7 next 220 内部配列ポインタを進める
8 range 202 ある範囲の整数を有する配列を作成する
9 array_map 156 指定した配列の要素にコールバック関数を適用する
10 in_array 153 配列に値があるかチェックする
11 array_merge 148 ひとつまたは複数の配列をマージする
12 each 131 配列から現在のキーと値のペアを返して、カーソルを進める
13 sort 124 配列をソートする
14 reset 103 配列の内部ポインタを先頭の要素にセットする
15 array_values 88 配列の全ての値を返す
16 key_exists 86 array_key_exists のエイリアス
17 array_filter 84 コールバック関数を使用して、配列の要素をフィルタリングする
17 array_key_exists 84 指定したキーまたは添字が配列にあるかどうかを調べる
19 array_keys 70 配列のキーすべて、あるいはその一部を返す
20 array_shift 66 配列の先頭から要素を一つ取り出す
20 compact 66 変数名とその値から配列を作成する
22 extract 62 配列からシンボルテーブルに変数をインポートする
23 array_push 61 一つ以上の要素を配列の最後に追加する
24 pos 50 current のエイリアス
25 array_slice 46 配列の一部を展開する
26 array_reverse 42 要素を逆順にした配列を返す
27 array_fill 41 配列を指定した値で埋める
28 array_pop 40 配列の末尾から要素を取り除く
29 prev 36 内部の配列ポインタをひとつ前に戻す
30 array_column 34 入力配列から単一のカラムの値を返す
31 array_search 32 指定した値を配列で検索し、見つかった場合に対応する最初のキーを返す
31 array_walk 32 配列の全ての要素にユーザー定義の関数を適用する
31 shuffle 32 配列をシャッフルする
34 array_unique 30 配列から重複した値を削除する
35 array_sum 29 配列の中の値の合計を計算する
35 ksort 29 配列をキーでソートする
37 array_combine 27 一方の配列をキーとして、もう一方の配列を値として、ひとつの配列を生成する
38 array_diff 23 配列の差を計算する
38 array_rand 23 配列から一つ以上の要素をランダムに取得する
38 array_reduce 23 コールバック関数を用いて配列を普通の値に変更することにより、配列を再帰的に減らす
38 array_unshift 23 一つ以上の要素を配列の最初に加える
42 array_flip 22 配列のキーと値を反転する
42 usort 22 ユーザー定義の比較関数を使用して、配列を値でソートする
44 array_intersect 20 配列の共通項を計算する
44 sizeof 20 count のエイリアス
46 asort 17 連想キーと要素との関係を維持しつつ配列をソートする
47 array_splice 16 配列の一部を削除し、他の要素で置換する
48 array_multisort 15 複数または多次元の配列をソートする
48 array_replace 15 渡された配列の要素を置き換える
50 array_chunk 14 配列を分割する
51 array_merge_recursive 13 二つ以上の配列を再帰的にマージする
51 arsort 13 連想キーと要素との関係を維持しつつ配列を逆順にソートする
53 array_walk_recursive 12 配列の全ての要素に、ユーザー関数を再帰的に適用する
54 array_count_values 11 配列の値の数を数える
55 array_intersect_key 10 キーを基準にして配列の共通項を計算する
55 uksort 10 ユーザー定義の比較関数を用いて、キーで配列をソートする
57 array_fill_keys 9 キーを指定して、配列を値で埋める
57 rsort 9 配列を逆順にソートする
59 array_replace_recursive 7 渡された配列の要素を再帰的に置き換える
59 natsort 7 自然順アルゴリズムで配列をソートする
61 array_diff_key 6 キーを基準にして配列の差を計算する
62 krsort 5 配列をキーで逆順にソートする
63 array_pad 4 指定長、指定した値で配列を埋める
63 array_product 4 配列の値の積を計算する
65 array_diff_assoc 3 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
65 natcasesort 3 大文字小文字を区別しない"自然順"アルゴリズムを用いて配列をソートする
65 uasort 3 ユーザー定義の比較関数で配列をソートし、連想インデックスを保持する
68 array_intersect_ukey 2 キーを基準にし、コールバック関数を用いて 配列の共通項を計算する
69 array_change_key_case 1 配列のすべてのキーの大文字小文字を変更する
69 array_diff_uassoc 1 ユーザーが指定したコールバック関数を利用し、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
69 array_diff_ukey 1 キーを基準にし、コールバック関数を用いて配列の差を計算する
69 array_intersect_assoc 1 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を確認する
69 array_intersect_uassoc 1 追加された添字の確認も含め、コールバック関数を用いて 配列の共通項を確認する
69 array_udiff 1 データの比較にコールバック関数を用い、配列の差を計算する
69 array_udiff_assoc 1 データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
69 array_udiff_uassoc 1 データと添字の比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
69 array_uintersect 1 データの比較にコールバック関数を用い、配列の共通項を計算する
69 array_uintersect_assoc 1 データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する
69 array_uintersect_uassoc 1 データと添字の比較に個別のコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する

↓ 叩いたコマンド

curl -s http://qiita.com/search?q=body%3A%22array_change_key_case%22+tag%3A%22php%22 | grep -oP 'すべて <span class="badge">\K[0-9]+' >> tmp.txt 
sleep 1s 
...
rhap
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away