1. revsystem

    Posted

    revsystem
Changes in title
+Actcast β のActcast エージェントのインストールからデバイス登録まで
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -0,0 +1,100 @@
+# Actcast β のActcast エージェントのインストールからデバイス登録まで
+
+## はじめに
+
+2019年7月31日にActcast β版がリリースされ、α版の設定データが削除されました。最新版のActcast WriterでActcast エージェントのインストールとデバイスの再登録が必要になります。手順はα版と同様です。公式サイトで[Getting Started with Actcast (β 版)](https://actcast.io/docs/ja/GettingStarted/)が公開されています。
+ここではSDカードのフォーマットやファームウェアのアップデートなどスクリーンショットを交えて記載します。
+
+デバイス登録後は、[Actcast α の顔認識機能で取得した画像をS3に保存する](https://qiita.com/revsystem/items/d8413c179bcc3f4726e8) や [Actcast α の顔認識機能で取得した画像をGASでGoogle Driveに保存する](https://qiita.com/kazuph/items/6368149a20e9a8fa1199) など外部システムと連携した機能を試すことができます。
+
+## 準備するもの
+ - RaspberryPi 3 model B+
+ - [Raspberry Pi3 Model B+ ボード&ケースセット 3ple Decker対応-Physical Computing Lab (CLR-PW))](https://amzn.to/2Rj97Q1)
+ - ドキュメントによると、Raspberry Pi 1 Model B, 1 Model B+, 2 Model B, 3 Model B, 3 Model B+, Zero W, Zero WHが推奨されています。
+ - 公式カメラモジュール
+ - [Raspberry Pi Camera Module V2 カメラモジュール (Daylight - element14)](https://amzn.to/2FjPLTy)
+ - microSDカード (4GBから32GB)
+ - Actcast エージェントのインストールには、4GBあれば足ります。
+ - [サンディスク microSDHCメモリーカード 16GB Class10 UHS-I SDSDQUL-016G-J35A](https://amzn.to/2H6qYlV)
+ - HDMI接続のディスプレイ
+ - もしくは、[Raspberry Pi 3 Model Bに Quimat 3.5インチタッチスクリーン HDMIモニタTFT LCDディスプレイ を接続](https://qiita.com/revsystem/items/e00ea1be9208dbb16aad)のようなRaspberry Pi用ディスプレイ
+ - マイクロ SD カードリーダー/ライター
+
+## 前提条件
+ - macOS上で操作すること。
+ - カメラモジュールがRaspberry Piに取付済みであること。
+
+## 参考情報
+ - [Getting Started with Actcast (β 版)](https://actcast.io/docs/ja/GettingStarted/)
+
+## Provisioning Token を取得
+https://actcast.io/ にサインアップすると、`default`グループが生成されます。
+`Go to Dashborad`をクリックし、ダッシュボード進む。
+![00_GoToDashborad.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/69f4ecec-9082-8716-2692-578fdd278b86.png)
+
+`Device`内の`Add Device`をクリック。
+![00_ProvisioningToken-1_1.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/fa8417f4-ba6a-bef8-b567-7c6f42b6a7e4.png)
+
+`Validity period` は '1 day', '7 days', '30 days'から選択。
+すぐにデバイス登録するなら'1 day'を選択。
+![00_ProvisioningToken-2_1.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/32a100f6-bf0e-e9ff-f3ac-9d18886bc574.png)
+
+表示された Provisioning Token はこのあと使用するため、控えておきます。
+![00_ProvisioningToken-3_1.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/7fdf2cd7-1db2-3ed5-d029-4e3ec3d8db39.png)
+
+
+## マイクロ SD カードをフォーマット
+[SDメモリカードフォーマッター](https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/) で `Mac用ダウンロード`-> 規約の確認 -> `同意します` と進むとインストーラーをダウンロードすることができます。インストーラーを実行し、SD Card Formatter をインストールします。
+
+マイクロ SD カードリーダー/ライターにマイクロSDを挿入し、SD Card Formatter を起動します。
+今回フォーマット対象となるマイクロSDカードとフォーマットオプションを選択lし、フォーマットボタンをクリックします。(ボリュームラベルの入力は任意)
+
+<img width="528" alt="01_SDCardFormatter.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/744ce44b-5dee-1a16-0f3f-ab36a43ec82d.png">
+
+## Actcast エージェントのインストール
+[Actcast エージェントのインストール](https://actcast.io/docs/ja/GettingStarted/Device.html) から Actcast Writer をダウンロードします。macOS 用なら [https://actcast.io/installer/actcast-writer.dmg](https://actcast.io/installer/actcast-writer.dmg) をダウンロードします。
+
+actcast-writer.dmg を開き、actcast-writer.app を実行します。
+<img width="528" alt="02_ActcastWriter.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/2a89c0df-9867-f85c-7eaa-f0ba84c97439.png">
+
+
+Actcast Writerが起動するので、以下の情報を入力します。
+
+- Provisioning Token
+- 上記で発行した Provisioning Token
+- HostName (Prifix)
+ - Raspberry Piの識別に使用する名前
+- SSID, Password (WPA/PSK),Choose Country
+ - 接続する無線LANの接続情報,国名
+ - 有線LANで接続する場合は入力不要
+
+マウントされているmicroSDカード (フォーマットした際に入力したボリュームラベル)が表示されているので、選択し`Write`をクリックします。表示されていない場合は、`Reload`をクリックします。
+書き込みか完了すると、ウィンドウの最下部に`write success`と表示されます。およそ1分ほどかかります。
+<img width="528" alt="03_ActcastWriter01.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/6cb5da38-2482-c2ca-e4bf-be7a311def2d.png">
+
+## Actcast エージェントの起動
+microSDカードをRaspberryPiに挿入し電源を投入します。セットアップが自動的に開始されます。およそ5分から6分ほどかかります。
+
+ダッシュボードの`Devices`にデバイスが表示され、緑丸に白抜きのチェックマークが付いていればActcast エージェントが起動しダッシュボードから認識されていることを示します。
+`Device Name`は Actcast Writerで入力した `HostName (Prifix)`と文字列 (Provisioning Tokenではない) の組み合わせです。
+![09_Actcast.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/ccfbffc8-7734-28af-a18f-82f82b9ef1dd.png)
+
+### ソフトウェアアップデート
+Devices に Updates が表示された場合は、 `Update` をクリックしファームウェアのアップデートを行います。 Update をクリックすると、アイコンが `Updating` に変わり処理が開始されます。完了すると更新を促すメッセージが消えます。およそ5分ほどかかります。
+![07_Actcast.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/1628d6f2-50ad-8e03-d970-6a772f3582cb.png)
+
+
+## Actの作成
+ダッシュボードの`New Act`からサンプルとして用意されているActが作成できます。
+
+| Act | 概要|
+|:-----------------|:------------------|
+| Face Trackin g| 顔認識、追跡 |
+| Person Tracking | 人物認識、追跡 |
+| ImageNet Classification | 画像認識 |
+| Style Transfer | 画像を北斎やピカソ風の絵に変換 |
+| Face Style Inference | 顔認識、男性/女性のどちらに見えるか、何歳に見えるかを判定 |
+など。
+
+![10_Actcast.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/61809/345e5a8e-b65e-6f3e-f271-2a89f9ec722c.png)
+