備忘録
Linuxコマンド

= killの説明

== 要約
* kill -9 (kill -s SIGKILL) すぐつかうな。プロセスに以下のクリーナップ処理の機会を与えないからな。
* socketコネクションの切断
* tempファイルのクリーンナップ
* 子供たちのことを考えろ
* プロセスのターミナル特性のリセット

1. kill -15 (SIGTERM)
2. kill -2 (SIGINT)
3. kill -1 (SIGHUP)
4. これでもだめならそんな行儀の悪いプログラムは捨てろ!