Help us understand the problem. What is going on with this article?

スタートアップがRailsでこれだけはやっておくべきTips

More than 3 years have passed since last update.

スタートアップがRailsでこれだけはやっておくべきTips

はじめに

先日、「スタートアップRails勉強会」というものに参加し、
10名弱のRailsエンジニアの方達がLTをされたので、メモとしてまとめときます。

技術的負債を減らしやることに集中すべし

スタートアップはスピード感が大事!!ということで、
負債に時間をかけてられません。そこで、
Railsのアップグレードは頻繁に行うべし!
じゃないと、後から大変なことになるみたいですね・・・
あとは、
- コードは少なく書け!不要なコードはガンガン消す!
- アップグレードすべきものは、その都度slackに流れてくるようにして、アップグレードするべし。
LT参考資料:
http://qiita.com/kmszk/items/ad687e772da454e3f614

Docker-composeを導入せよ

動く環境をコマンド一つで構築、できるとか、なんとか
Dockerは知ってるけどDocker-composeは知らなかった。
IncrementsのQiita Teamの方がLTで推奨していました。

modelのvalidationは最初から入れる

これは、最初にやっておかないと、後で相当やばいことになるらしいです。
私、してたっけ・・・後でチェックします。
特にuniquenessは設定しておくべし、とのこと。

お手軽にエラーを見える化する

Bgusnagを使うべし。
Bugsnagとは、エラーを全部記録してくれて、webで見れるそうです。
確かうちでも、導入していますが、前のエンジニアにしかメールが届かないので教えてもらわないと・・。
簡単にGithubのissueや、slackの通知と連携することができるそうです!
これは可視化もできて、なかなかよさそう。

サーバが落ちたときの復旧に対応できるような体制

まず、「サーバが落ちたときはslackなどに通知がくるようにして、すぐに対応できる体制にしましょう」、とのこと。
サーバが落ちたときの対応も知識として入れておかねば・・(私まだわかりません。ごめんなさい)
また、負荷がかかってサーバが落ちるのを防ぐための準備も必要。
過負荷テストをしたり、オートスケーリングの設定をしておく、など!
AWSだとオートスケーリング設定できるけど、VPSだとどうなんだろう・・
これも後で調べてみよう。

Re-dashなどの計測ツールを使って各種KPIの計測、slackに流す

最近は、KPIを自動で計測・可視化してくれるサービスが多いようですね。
先日は、TechCrunch(だったかな)でRedashが取り上げられていたので、Redashを使って毎日slackに通知させている企業さんが多いのかな。
他にもtableauとか、いろいろあるみたいです。
毎日KPIがグラフになってslackに流れてきたら、モチベも上がるかもしれませんね。
私もためしてみよう。

PRD, RFCを書く

PRD(Product Requirements Document)

PRDとは、「製品への要求が書かれた文書」のこと。
製品の目指すゴール、要求される技術などを詳しく書くもののようです。
(実装方法については書かない。)
具体的になにを書くかは、下のURL(参考資料)から見れます。

RFC(Request for Comments)

RFCとは、「新機能や機能改善のための提案書」のこと。
PRDよりもミクロ。本当に必要なのか?を議論することができる。
軽く書いて、共有するもの。いけそうだったら実装に入る。

参考
http://qiita.com/takashi/items/39adc590ddb48e5765a6)

最後に

私もスタートアップにいるし、このイベントはRailsだけに特化していてとてもよかった。
いろいろ聞けたので、試してみようと思います!
また試したものの中でいいのがあったら、Qiitaにメモしよう。
ということで、初めてのQiitaの記事投稿でした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした