1. rdonster

    No comment

    rdonster
Changes in body
Source | HTML | Preview

Raspbian Stretch LITEをRaspberryPi 3にセットアップしたので紹介する。Raspbian Stretch LITEは、通常利用されるRASPBIAN STRETCH WITH DESKTOPと異なり、標準状態でコンソール画面のみが使用できる。サーバー用途や機械制御などのGUIが不要な用途では便利だ。設定方法がGUIを利用したものとは異なる部分もあるので、まとめる。

RaspberryPIの環境

インストールした環境を示す。

画面とキーボード

HDMIでディスプレイ、USBでUSキーボードを接続した。

ネットワーク環境

RaspberryPIを有線Ethernetを使い次のように接続した。

RaspberryPI==有線==ルータ==(インターネット)

最終的にRaspberryPIをIPアドレスに固定し、次のネットワーク設定を行う。

IPアドレス ルータ DNS
192.168.0.19/24 192.168.0.1 1.1.1.1 (cloudflareのパブリックDNS)

ダウンロード

次のURLからRaspbian Stretch LITEのイメージをダウンロードする。
https://downloads.raspberrypi.org/raspbian_lite_latest
(リンク元ページ https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/ )

SDカード作成

Windowsを利用し、SDカード作成を行う。

フォーマット

次のサイトからSD card formatterをダウンロード&セットアップする。これを使ってSDカードをフォーマットする。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

イメージ書き込み

次のサイトからwin32DiskImagerをダウンロード&セットアップする。これを使ってダウンロードしたRaspbian Stretch LITEのイメージをSDカードに書き込む。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

起動とログイン

SDカードをRaspberryPIにセットし電源を接続すると、次の認証情報でキーボードとディスプレイを使ってログインできる。

項目
ユーザー名 pi
パスワード raspberry

基本設定

各種基本設定を順番に記述する。

キーボード

RaspberryPiではrasp-configという設定変更コマンドがあるので、これを利用する(方法1)。また方法2に、Debian一般の方法を紹介する。いずれのコマンドもsshでは利用できない。

方法1(rasp-configを使う)

sudo rasp-config```

4 Localisation Options
I3 Change Keyboard Layout

実際には、おそらく方法2を呼び出している。

方法2(rasp-configを使わない)

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

generic104->other->で日本語キーボードが選択できる。

ネットワーク設定

この作業はDHCPで運用する場合不要である。catコマンドを使った上書き例を示すが、/etc/dhcpcd.confにコメントアウトで記載されているので、nanoコマンドで修正しても良い。ipアドレスなどの値は環境に合わせて欲しい。

nanoコマンドによる編集
sudo nano /etc/dhcpcd.conf
catコマンドによる上書き例
sudo cat > /etc/dhcpcd.conf<< EOF
interface eth0
static ip_address=192.168.0.19/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=1.1.1.1
EOF

仮日時設定

あとでntpで正確な時刻を取得する設定を行うが、この時点では日時が狂っている場合がある。dateコマンドで現在時刻を確認する。もし時刻がずれていた場合は各種パッケージのインストールがうまくいかない可能性があるので、おおよその時刻を合わせる。ここでは日本時間の2018-09-06 17:19にしている。

sudo date --date='TZ="Asia/Tokyo" 2018-09-06 17:19'

ここまでの確認

設定変更後、リブートする。
sudo reboot

ログイン後、次のコマンドで上記設定が反映されていることを確認する。

date                          #時刻設定の確認
ip a                          #ipアドレスの確認   
ping www.google.com           #外部へ接続されていることの確認

ユーザーpiのパスワード変更

次のコマンドでユーザーpiのパスワードを変更する。

passwd

その他のインストール

次の基本的なソフトウェアを一度に入れる。

パッケージ 摘要
vim テキストエディタ
ssh sshサーバー・クライアント
sudo apt update 
sudo apt install vim ssh
sudo service ssh enable #sshの自動起動

sshの設定については割愛するが、グローバルIPを設定する場合は注意を要する。

ntpは/etc/ntp.confではなく、 /etc/systemd/timesyncd.conf で行われている。ntpを使いたくない場合は次のコマンドを実行する

sudo systemctl disable systemd-timesyncd.service

タイムゾーン設定

次のコマンドを実行し、asia⇒tokyoと選択する。

sudo dpkg-reconfigure tzdata

おわり

基本的なものがインストールされたので、あとはsshを使いネットワーク経由で操作できる。


2018/08/10 1200 bash:catコマンドによる上書き例に>が抜けていたので修正
2018/08/14 1330 win32DiskImagerのurlを修正
2019/03/13 keyboard設定方法をraspi-configに変更
2019/03/31 ntpに関する話題を追記