iOS

QiitaでのSwiftコードの取り込み方

キャッシュクリアの種類

    func ExitOfClearCache() {                                       //<*キャッシュをクリアする*>
        ExecSetStaticEmoji()                                        //絵文字アイコンの更新を行う。
        if Z.sWebCache == "🗑" {                                    //🔵webキャッシュをクリア?
            Z.sWebCache             = "🌎"                          //フラグをクリアする。
            WKWebsiteDataStore.default().removeData(ofTypes:WKWebsiteDataStore.allWebsiteDataTypes(), modifiedSince:Date(timeIntervalSince1970:0), completionHandler:{})//キャッシュのクリア
        } else { }                                                  //
        if Z.sCookieCache == "🗑" {                                 //🔵cookieキャッシュをクリア?
            Z.sCookieCache          = "🌎"                          //フラグをクリアする。
            WKWebsiteDataStore.default().removeData(ofTypes: [WKWebsiteDataTypeCookies], modifiedSince: Date(timeIntervalSince1970: 0), completionHandler: {})          //cookieを削除
        } else { }                                                  //
        if Z.sURLCache == "🗑" {                                    //🔵URLキャッシュをクリア?
            Z.sURLCache             = "🌎"                          //フラグをクリアする。
            URLCache.shared.removeAllCachedResponses()              //読み込んだURLキャッシュのクリア
        } else { }                                                  //
        //~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~//
        if Z.sAdsCache == "🗑" {                                    //Ads Blockキャッシュをクリア?
            Z.sAdsCache             = "🌎"                          //フラグをクリアする。
            MesaBlock().CallClearStatics(Z.customFilter)            //統計情報をクリアする。
        } else { }                                                  //
    }

注意

  • ```swiftのあとで改行、⑵ Swiftコード、⑶ ```で閉じる。
  • 特殊文字はバックスラッシュ\のあとに置けば表示される(前の行参照)。
  • 文字の色付<font color="red"></font>で囲む。html表記。
  • URLリンク埋め込みQiitaは、[Qiita](http://qiita.com)と書く。