#つぶやき

クビにできない法律と新卒の低賃金の関係

日本ではあまり成果主義や能力主義は採用されず年功序列で給料が上がっていく。これには日本の法律が社員を簡単にクビにできないようにさせているのが関係している。

新卒や中途で入ってきた人に高給を提示しても、もしそいつが働かなければお金が勿体無い。でも法律的に簡単にクビにできないし減給もできない。だから安い給料で入ってもらうしかない。
社員が前年度いい成績を残したからといって、ガツンと昇給することもできない。なぜなら昇給した翌年にそいつが働かなくなる危険があるからだ。そいつに転職されて穴を埋めるコストよりも、働かない給料泥棒を養い続けるコストのほうが高い。
結局、何を成し遂げたかに関わらず、継続年数により社員がどれだけ信頼に足るかをはかり、毎年ちびちび昇給するしかリスクを回避する方法はない。これが年功序列である。
成果主義や能力主義というものは簡単にクビにできるということと表裏一体である。働かなかったことの対価にクビが支払われるのである。クビを支払えない日本において新入社員は高給を得ることはない。

また年功序列と残業には共通点がある。それは会社に長い時間いた人間が評価される(お金をもらえる)ということだ。日本が残業大国であることもクビにできない法律が根底に関わっているのかもしれない。