Linux

Linux初心者がディレクトリ構造について語る

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Windowsユーザーであれば当りまえの話だが、Cドライブの配下にWindowsフォルダがある。OSの動作に関する重要なファイルが沢山あるので、まず触ることはない。見向きすることもない。下手に触ってしまうものなら、OSが起動しなくなる羽目にあう可能性もある。

Linuxにも同じように初心者触るべからずのフォルダ(おっとディレクトリだった)がいくつかあるので、この際知っておこう。

各ディレクトリの役割

/bin

CLIで利用するコマンドが格納されているのがこのディレクトリ。ここだけではないらしいが、Linuxシステムが動作するために、重要なコマンドがここに沢山格納されている。下手に触るべからず。

/dev

名前からして想像できるが、ディバイスに関するファイルが格納されている。様々なハードのドライバに関するファイルだろう。/binと同様、触る可能性は低いと考えられる。

/etc

その他、エトセトラ。Linuxの各種設定ファイル(コンフィグともいう)が置かれているのがここ。環境設定やパラメータを変更する場合は、ここにあるファイルを触ることになる。なにかとお世話になりそうだ。

/home

ホームディレクトリが作成される。自由にフォルダを作って遊びたい場合はここに作るべし。

/sbin

/binとよく似ている。管理者用のコマンドが置かれているのがここ。ここも/binと同じように下手に触ってはいけない。

/tmp

テンポラリファイル。アプリが処理を実行する時にテンプ的に使われる。基本的に不要なファイルが溜まっていくことになるので、自動で定期的に削除してくれるみたいだ。ここで重要なファイルを管理するようなバカを犯してはならない。

/usr

アプリをインストールした際は、このディレクトリ配下にインストールされる。WindowsでいうProgram Filesに該当するディレクトリと考えていいだろう。

/var

variable(変化可能)という意味。常に更新される類のファイルがここに置かれる。ログファイル、メールファイルなどが該当する。ログなので長い間使っていると、容量がひっ迫するので注意が必要になってくる。