Python
python3
PyQt5
PyQt

PyQt5チュートリアル日本語まとめ[7] - PyQt5 widgets II

ZetCodeさんのPyQt5 tutorial日本語まとめ第7回目です。
今回はPyQt5 widgets IIということで、前回に引き続き個々のウィジェットに焦点をあてていきます。
それでは参りましょう。

QPixmap


pixmap.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-


from PyQt5.QtWidgets import (QWidget, QHBoxLayout, 
    QLabel, QApplication)
from PyQt5.QtGui import QPixmap
import sys

class Example(QWidget):

    def __init__(self):
        super().__init__()

        self.initUI()


    def initUI(self):      

        hbox = QHBoxLayout(self)
        pixmap = QPixmap("redrock.png")

        lbl = QLabel(self)
        lbl.setPixmap(pixmap)

        hbox.addWidget(lbl)
        self.setLayout(hbox)

        self.move(300, 200)
        self.setWindowTitle('Red Rock')
        self.show()        


if __name__ == '__main__':

    app = QApplication(sys.argv)
    ex = Example()
    sys.exit(app.exec_())

QPixmapは画像を用いて動作するウィジェットの1つです。
この例ではウィンドウに画像を表示します。

pixmap = QPixmap("redrock.png")

QPixmapオブジェクトを生成します。引数には表示したいファイルへのパスを指定します。

lbl = QLabel(self)
lbl.setPixmap(pixmap)

pixmapオブジェクトをQLabelウィジェットに設定します。

QLineEdit


lineedit.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-


import sys
from PyQt5.QtWidgets import (QWidget, QLabel, 
    QLineEdit, QApplication)


class Example(QWidget):

    def __init__(self):
        super().__init__()

        self.initUI()


    def initUI(self):      

        self.lbl = QLabel(self)
        qle = QLineEdit(self)

        qle.move(60, 100)
        self.lbl.move(60, 40)

        qle.textChanged[str].connect(self.onChanged)

        self.setGeometry(300, 300, 280, 170)
        self.setWindowTitle('QLineEdit')
        self.show()


    def onChanged(self, text):

        self.lbl.setText(text)
        self.lbl.adjustSize()        


if __name__ == '__main__':

    app = QApplication(sys.argv)
    ex = Example()
    sys.exit(app.exec_())

QLineEditは入力・編集できる1行テキストのウィジェットです。undo、redo、カット&ペースト、ドラッグ&ドラッグ機能が利用できます。
この例ではラインエディットとラベルを表示します。入力されたテキストはすぐさまラベルに表示されます。

qle = QLineEdit(self)

ここでQLineEditが作成されます。

qle.textChanged[str].connect(self.onChanged)

テキストエディットのウィジェットが変更されると、onChanged()メソッドが呼ばれます。

def onChanged(self, text):

    self.lbl.setText(text)
    self.lbl.adjustSize() 

onChanged()メソッドの中で入力されたテキストをラベルに設定します。テキストの長さに応じてラベルのサイズを調整するため、adjustSize()メソッドを呼んでいます。

QSplitter


splitter.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-


from PyQt5.QtWidgets import (QWidget, QHBoxLayout, QFrame, 
    QSplitter, QStyleFactory, QApplication)
from PyQt5.QtCore import Qt
import sys

class Example(QWidget):

    def __init__(self):
        super().__init__()

        self.initUI()


    def initUI(self):      

        hbox = QHBoxLayout(self)

        topleft = QFrame(self)
        topleft.setFrameShape(QFrame.StyledPanel)

        topright = QFrame(self)
        topright.setFrameShape(QFrame.StyledPanel)

        bottom = QFrame(self)
        bottom.setFrameShape(QFrame.StyledPanel)

        splitter1 = QSplitter(Qt.Horizontal)
        splitter1.addWidget(topleft)
        splitter1.addWidget(topright)

        splitter2 = QSplitter(Qt.Vertical)
        splitter2.addWidget(splitter1)
        splitter2.addWidget(bottom)

        hbox.addWidget(splitter2)
        self.setLayout(hbox)

        self.setGeometry(300, 300, 300, 200)
        self.setWindowTitle('QSplitter')
        self.show()


if __name__ == '__main__':

    app = QApplication(sys.argv)
    ex = Example()
    sys.exit(app.exec_())

QSplitterは境界をドラッグすることでサイズを変更できるようなウィジェットを提供します。
この例では3つのフレームウィジェットと2つのスプリッターを表示しますが、スプリッターはそれほど目に見えるものではありません。

topleft = QFrame(self)
topleft.setFrameShape(QFrame.StyledPanel)

QFrameウィジェット間の境界線が見えるようにスタイルを設定します。

splitter1 = QSplitter(Qt.Horizontal)
splitter1.addWidget(topleft)
splitter1.addWidget(topright)

水平方向にアイテムを繋ぐQSplitterを1つ作って2つのフレームを追加しています。

splitter2 = QSplitter(Qt.Vertical)
splitter2.addWidget(splitter1)

もう一つ、垂直方向にアイテムを繋ぐスプリッターを生成し先ほど作ったsplitter1を追加しています。

QComboBox


combobox.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-


from PyQt5.QtWidgets import (QWidget, QLabel, 
    QComboBox, QApplication)
import sys

class Example(QWidget):

    def __init__(self):
        super().__init__()

        self.initUI()


    def initUI(self):      

        self.lbl = QLabel("Ubuntu", self)

        combo = QComboBox(self)
        combo.addItem("Ubuntu")
        combo.addItem("Mandriva")
        combo.addItem("Fedora")
        combo.addItem("Arch")
        combo.addItem("Gentoo")

        combo.move(50, 50)
        self.lbl.move(50, 150)

        combo.activated[str].connect(self.onActivated)        

        self.setGeometry(300, 300, 300, 200)
        self.setWindowTitle('QComboBox')
        self.show()


    def onActivated(self, text):

        self.lbl.setText(text)
        self.lbl.adjustSize()  


if __name__ == '__main__':

    app = QApplication(sys.argv)
    ex = Example()
    sys.exit(app.exec_())

QComboBoxはリスト形式の選択肢からアイテムを選択することができるウィジェットです。
この例ではQComboBoxとQLabelを配置します。コンボボックスで選択されたLinuxのディストリビューションがラベルで表示されます。

combo = QComboBox(self)
combo.addItem("Ubuntu")
combo.addItem("Mandriva")
combo.addItem("Fedora")
combo.addItem("Arch")
combo.addItem("Gentoo")

5つの選択肢とともにQComboBoxを生成します。

combo.activated[str].connect(self.onActivated) 

アイテムが選択されるとonActivated()メソッドが呼ばれます。

def onActivated(self, text):

    self.lbl.setText(text)
    self.lbl.adjustSize() 

onActivated()メソッドの中で、選択されたテキストをラベルに設定します。同時にラベルのサイズも適当に調整します。


今回はここまで。
前回と今回でいろいろなウィジェットについて学びました。段々難しくなってきますが、まだまだ余裕ですよね?
ZetCodeさん…(ネタ切れ)