Help us understand the problem. What is going on with this article?

後ろ髪があるMagicaVoxelのモデルを、どうやってMixamoで動かすのか

後ろ髪に関わらず、Mixamoでオートリギングしようとするとパーツが歪んじゃったりする場合の方法。

MagicaVoxelでの作業

image.png

後ろ髪のあるボクセルモデル。
以下のように分割します。

image.png

1.顔
image.png
できるだけ、顎のラインから下にパーツがでないようにします。

2.体
image.png
首を作ってあげます。

3.水色のボックス
image.png
体と足を繋ぐためのジョイントです。なくてもそれなりには動くと思いますが、
今回、足と足の内側の隙間をできるだけせまくして、スタイリッシュに見せたいので、このパーツを用意しました。
使い方は後ほど。

4.スカート
image.png
中をくり抜いてあげたほうが、足が綺麗に動きます。

5.足
image.png
右足、左足それぞれ別のパーツにします。

6.後ろ髪
image.png
今回一番のポイントです。
顎のラインから下の髪の毛を選択して、別パーツにしておきます。

[頭の分割方法]
スクリーンショット 2019-06-03 14.08.41.png
四角いマークを選んで、「Rect」にしておく。

Blenderへ

image.png
ショートカット。これはこれでかわいい気もする。

ファイル > インポート > Wavefront(.obj)
で、MagicaVoxelで書き出した.objファイルをインポートして、くみたて。

1.足の間
image.png
隙間を開けることが大事です。
image.png
微妙な位置調整は数値でもできます。

2.さっきの水色ボックス
image.png
こんな感じで、足と体を繋いでます。

3.頭は少し上げる
image.png
「首」にあたる部分があったほうが、頭はきれいにうごくと思います。

これで、fbxをエクスポートします。

Mixamoへ

アップロード方法・設定方法は省略しますが、顔の歪みなく表示されています。


でも、後ろ髪はない。

好きなモーションを選んだら、右上のオレンジの「DOWNLOAD」をして、開いたウィンドウでそのまま「DOWNLOAD」。
image.png
髪が短いFBXをゲットできます。

再び、Blender

ここからが少しだけ、ややこしい...ので、動画にしました。
以下です。
https://youtu.be/HQvYKjwbqRA
ちょっとめんどくさいですが、このやり方を覚えたら、ツノでも耳でも翼でも、なんでもくっつけられます。
(つけないと思いますが...)
手に何か持たせることもできます。

完成したらfbxファイルを書き出して、Mixamoにアップロードするときと同じように、
.pngファイルと一緒に圧縮して、.zipファイルを作りましょう。

Sketchfab

ここで終わり、でもいいのですが、、、、
Aryzon AR Studioのアプリで表示するには、色の情報を持っている「テクスチャ」を.fbxファイルに埋め込まないとダメです。
これがBlenderにはできないのです(Mixamoはできてる)。

そのため、以下のサイトにアップします。
https://sketchfab.com/
ここでも、アカウント登録が必要になります。めんどくさいですね。。
アカウント登録が終わったら、画面右上のUPLOADボタン
スクリーンショット 2019-06-03 15.06.27.png
を押します。そしたらこんな画面が開くので、「CHOOSE FILE」でさっきのzipを選択します。
スクリーンショット 2019-06-03 15.06.37.png
選んだら、「CONTINUE」。
アップロードが終わるとこんな画面が出てきます。
image.png

Downloadを「Free」にして、「Change Changes」ボタンを押します。
スクリーンショット 2019-06-03 15.06.10.png
こんな感じに。

あとはオレンジの「PUBLISH」ボタンを押せば、OK!
こんな感じで見られます。
https://sketchfab.com/3d-models/aika-longhair-dancing-cd4b00991efd4b5d9d23e28321160085

これで、Aryzon AR Studioで、このモデルを検索してダウンロードできるようになります。

Aryzon AR Studio(これで終わり!)

IMG_795B22B4D782-1.jpeg
Browserを押すと、「Sketcfab」と「Poly」のアイコンが表示されるので、「Sketchfab」を選んでください。
ブラウザが開いて、ログインを求められます。
ログインしてください。
ログイン後、アプリが落ちることがありますが、そんなときは寛大な心でリトライしてください。
ログインして、Sketchfabを選び、自分がアップロードしたファイル名などで検索すると...
IMG_A62DC8DFE9A6-1.jpeg
でてきました!
これでARを試せるようになります。

終わりです!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした