Help us understand the problem. What is going on with this article?

#1.ボクセルアバター3Dモデルを作ろう

以下内容は、すべてMacOS & iOSでの解説になります。
Windows or Android の方は適宜読み替えてください!

MagicaVoxelでのはじめてモデル作成を、
できるだけスムーズに進めてみたいと思います。
MagicaVoxel ver0.99.3を使用。

1.下絵を描く

ボクセルを作る際に、ドット絵の下絵があると、スムーズです。

image.png

ドット絵の画像があれば、MagicaVoxelにドラッグするだけで、平面のモデルが作れます。
PCで行ってもよいのですが、手軽に行えるよう、スマホアプリで作成します。
今回は24x24のサイズで作成します。

ドットピクト!
https://dotpicko.net
手軽にドット絵作成が行えて、とても便利なアプリです。

自由に作ってOKなのですが、以下だけ守るとスムーズです。

  • 足は1px以上間隔を空ける
  • 腕は横に開く

image.png

**[2019.5.24更新]**
でも、足の間は開けなくてもOKです。
#2でBlenderを使うことにしましたので、くっついていてもOKです。

作成したら、以下の手順で保存します。
image.png

完成したら、AirDropでMacに画像ファイルを転送します。

2. MagicaVoxelをダウンロード

MagicaVoxel
https://ephtracy.github.io
image.png
上記のボタンから、使っているOSに合わせてボタンを押して、MagicaVoxelをダウンロードします。

3. MagicaVoxelを起動

ダウンロードしたMagicaVoxel-0.99.3-alpha-macosフォルダの中のMagicaVoxelアイコンをクリック。
起動しても真っ黒の画面が表示される場合は、一度MagicaVoxelアイコンを別のフォルダ(デスクトップなど)に移動し、再度MagicaVoxel-0.99.3-alpha-macosフォルダに戻すと、起動できます(たぶん不具合だと思いますが、以後は問題なく使えます)
image.png
image.png

4.初期設定

image.png

結果、以下のような画面になります。
image.png

ここに、ドットピクト!で作成したドット絵をドラッグします。
image.png

image.png
画像が取り込まれます。サイズは、24 1 24=縦横が24マス、奥行きが1マスになります。
これだと平面になってしまうので、奥行きをつけます。

マス目の設定は、間にスペースを打った数値を入力します。以下をコピペでもOKです。
24 24 24
image.png
立体になりました。

周りの白い部分が邪魔なので、消します。
image.png
だいたいできました。これで完成でも別にいい気もしてきます。
image.png

5.MagicaVoxel操作方法

画面右下に出る立方体で、初期位置を確認できます。
赤い線(x)が横になり、青い線(y)が縦、奥に向かって緑(z)が
表示されれば、真正面ということです。
image.png
W=拡大
S=縮小
Q=上に回転
E=下に回転
A=右に回転
D=右に回転

上記の立方体をドラッグしても、回転ができます。
スペースキー + 画面ドラッグで、カメラ位置の移動ができます。

image.png
操作を間違ったときは、画面右上の矢印で、戻る・進むができます。

描画については以下を覚えておけば、ほぼ問題なく作業できると思います。
image.png

使った色がわからなくなったときは、スポイトツールを選択して、画面をクリックすると、色を取得できます。
image.png

画面が少し変わってしまっていますが、
「ミラー」(対象に描画する)については以下のブログで
わかりやすくまとめていただいていました。
作業がグッと楽になると思います。
https://github.dev7.jp/b/2015/10/18/magicavoxel3/

6.仕上げ

後頭部を作ったり
image.png

手を作ったり
image.png

髪と顔の段差をつけたり
image.png

などをして、とりあえずできあがりです!
image.png

だいたい22分くらいかかりました。

7.結果

プログラミング少女
(梶川愛美さん、バウエルジゼル愛華さん、山内寧々さん、小梛真梨さん)に
作ってもらった結果です。
https://www.youtube.com/watch?v=l6jtfaHzGNU

とりあえず、できてよかった!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした