1. khsk
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,141 +1,141 @@
Swagger定義ファイルは、いろいろ定義してバリデーションを厳密にできる反面、ちょっと使おうと思うと、ルールが厳しくて億劫になりがちです。
そこで、必要最低限のSwagger定義ファイルの書き方を備忘録として残しておきます。
いざ本番となるときには、SwaggerのSpecificationに従って厳密に定義してください。
(参考情報)
https://swagger.io/docs/specification/2-0/basic-structure/
# 一番簡単な定義
結論だけ示すと、一番簡単な定義は以下の通りです。
/pathsのところを参考にしてください。
-```:swagger.yaml
+```swagger.yaml
swagger: '2.0'
info:
version: 'first version'
title: Sample Api
host: localhost:10010
basePath: /
schemes:
- http
consumes:
- application/json
produces:
- application/json
securityDefinitions:
basicAuth:
type: basic
tokenAuth:
type: apiKey
name: Authorization
in: header
paths:
/swagger:
x-swagger-pipe: swagger_raw
/test_post:
post:
x-swagger-router-controller: echo
operationId: test_post
parameters:
- in: body
name: body
schema:
type: object
responses:
200:
description: Success
schema:
type: object
/test_get:
get:
x-swagger-router-controller: echo
operationId: test_get
parameters:
- in: query
name: param
type: string
responses:
200:
description: Success
schema:
type: object
definitions:
Empty:
type: "object"
title: "Empty Schema"
```
# swagger-nodeで最短で立ち上げる
RESTful実行環境に最適なswagger-nodeを使って立ち上げます。
swagger-nodeについては、以下の記事を参考にしてください。
[SwaggerでRESTful環境を構築する](https://qiita.com/poruruba/items/72d8c85f8923bc78b918)
```
> swagger project create first_restful
※Frameworkにはexpressを選択します。
> cd first_restful
```
Swagger定義ファイルをさきほどのswagger.yamlに置き換えてください。
>置き換え対象ファイル:./api/swagger/swagger.yaml
以下のファイルを作成します。
>作成ファイル:./api/controllers/echo.js
-```:echo.js
+```echo.js
'use strict';
module.exports = {
test_post: test,
test_get: test
};
function test(req, res) {
console.log("calling: test");
var event = {
headers: req.headers,
body: JSON.stringify(req.body),
path: req.swagger.apiPath,
httpMethod: req.method,
queryStringParameters: req.query
};
res.json( { event: event } );
}
```
./api/controllers/hello_world.js はいらないので削除してもよいです。
Restful環境を立ち上げます。
```
> swagger project start
```
# curlでたたく
さっそく、Web APIを呼び出したく、例えば、curlを使います。
```
> curl https://localhost:10010/test_get
{“event”:{XXXXXXわらわらXX}}
```
以上。最短の記事でした。