Edited at

LINEを送るだけで簡単にEvernoteにメモを残せるLINE BOTを作ってみた。

More than 1 year has passed since last update.




はじめに

はじめまして、Qiitaへの投稿は今回が初めてになります。

今回は、えばーるくんというEvernoteにメモを残してくれるボットの紹介をしたいと思います。


なぜLINEとEvernoteなのか?


LINE BOT (Messaging API)

以前からLINE BOTで遊んでいたが、LINE BOT AWARDSという記事を見て、便利なものを作ってみようと思い作ってみました。


Evernote

日々の感じたことやメモ、考えたことなども含めていろんなことを残すことができるサービス。

個人的にこれをうまく使えば普段のメモなどを残すこともできるし、後から振り返るためにはすごい便利なサービスだと思います。

ただ、記録を残すためにはEvernoteアプリを起動させて、ノートブックを選んで、新規ノートを作成して、やっとメモを残せるという面倒な手順が必要で、思いついたメモを一つ残すためにこんなにも時間を書けていたら最悪忘れてしまうかもしれないと思いました。


LINEからEvernote

そこで、スマホのホーム画面にショートカットを置けるし、PCでも常に開いているであろうLINEを経由することで手軽にメモを残そうと思い作成しました。


システム概要


メールをEvernoteに保存する機能


Evernote プラスまたは Evernote プレミアムをご利用の場合、Evernote 転送用メールアドレスを使ってメールを自分の Evernote アカウントに直接保存できます(1 日 200 通まで)。Evernote ベーシックをご利用の場合は、この機能をメール 5 通までお試しできます。これにより、例えば旅行の予約内容、メールで受信したお知らせ、週 1 回の自動レポートなど、メールで受信した情報を何でも簡単に保存しておくことが可能です。


Evernoteのメールを Evernote に保存する方法にも書いてあるように、上記のようなEvernoteで発行されるメールアドレスにメールを送ることで、ノートを作成する機能を用いる。

※なので、今回のボットはEvernoteプラスやEvernoteプレミアムに登録していないと使うことができません。


LINEからメール送信

ここがメイン機能ですが、LINEからメールを送ります。

Messagin APIを使って、LINEのボットアカウントに投稿されたら、その内容をメールで送信します。

今回は、GAS(Google Apps Script)を使っているため、簡単なGmailのメール送信機能を使っています。


使い方


ボット(えばーるくん)に登録する。


初期設定


とりあえずスタンプ



登録するとこのような説明を送ってくれるので、とりあえずスタンプを送ってあげる。


Evernoteの転送用メールアドレスの登録

スタンプを送ると以下のようなものが返ってくるので、「Evernote投稿用アドレスの登録」を選択してから登録する。

画像のように「Evernote投稿用アドレスを入力してください」と表示されたら、Evernoteで発行されるメールアドレスをLINEに投稿する。

先程のメールを Evernote に保存する方法にもメールアドレスの確認方法は書いてあります。


メモを送ってみる

テキトーにメモを送ってみる

するとEvernoteに新しいノートが作成される。


例えばショートカットをスマホのホーム画面に登録する

スマホのホーム画面にショートカットを作成することで、より早くメモを残すことができます。


その他

スタンプを送ることで、すごい簡単なヘルプを読んだり、作成者にメッセージを伝える機能があります。


最後に

Evernoteをもっと簡単に使いたいという思いだけで作ってみたLINEボットでした。

はじめてのLINE BOTの公開だったり、Qiitaの公開だったりなので、優しくお願いします。