Ruby
HTML
CSS
JavaScript
RubyOnRails

ざっくり:WEBページをつくるのに必要な言語

WEBページを作るのに必要な言語の概要

Webページ作成・プログラミング学習を開始する上で、
使用する言語の概要をざっくり自分用にメモ。

はじめに

WEBサイトを作る言語は大きくわけて『クライアントサイド言語』と、『サーバーサイド言語』にわけられる。クライアントサイドとは利用者側のWebブラウザ等で実行される言語でHTML、CSS、JavaScriptなど。サーバサイド言語とは情報提供側のサーバー上で実行される言語でPHP、Rubyなど。
利用者からのリクエストを受けたサーバー側ではこのサーバーサイド言語が実行され必要な情報を利用者側へ返信。利用者側では受信した情報(HTML,CSS,JavaScript)をブラウザが実行してページを表示してくれる。

1. クライアントサイド言語

HTML

WEBページの表示要素を記述する言語(というかテキスト)でページの内容そのもの。
WEBページを開いた時に何を表示するか(文章や写真やハイパーリンク等)、
その要素はどういったものか(タイトルなのか、見出しなのか)を明示的に記載している。

CSS

HTMLと併用される言語で、WEBページのに表示される文章や背景の装飾、レイアウトを記述する言語。HTMLでは表示物を記述しているだけなので、HTMLをブラウザで開くと白い背景に黒い文字だけだが、CSSで文字の色や書体、背景、右寄せ/左寄せなんかを指定する事ができる。

JavaScript

WEBページに動きをつける言語。
HTML+CSSで色付きのページができるが、表示している写真をスライドショーにしたり、
ボタンをクリックして別のページを表示させたりとページを動かすための動きや制御を記載している。

2. サーバーサイド言語

Rubyとは

よくWEBアプリケーションに使用されている。フレームワーク(Ruby on Rails)を使う事で効率よりくプログランミングできる。コンパイルの必要がないスクリプト言語。

Ruby on Railsとは

RubyのWebアプリケーションフレームワーク。フレームワークとは必要な機能等を雛形のように提供してくれるもの。一から全部コードを書き上げなくても、フレームワークを使う事で、実現したい機能の開発に集中できる。