Edited at

digを使ってDNSサーバーの設定が正しいかを確認する / CentOS(削除予定)

(CentOS5.7で確認)

 DNSサーバーの設定を行ったときに、設定が正しいかどうかを確認したい場合があります。digというコマンドを使います。

dig ドメイン名

 以下のように使います。

dig perlcodesample.com

 ドメインの設定はゾーンファイルと呼ばれるものに記述されていますが、各レコードの設定を知ることができます。

; <<>> DiG 9.3.6-P1-RedHat-9.3.6-4.P1.el5_4.2 <<>> perlcodesample.com

;; global options: printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 33098
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 2, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;perlcodesample.com. IN A

;; ANSWER SECTION:
perlcodesample.com. 3600 IN A 59.106.185.196

;; AUTHORITY SECTION:
perlcodesample.com. 3600 IN NS ns1.dns.ne.jp.
perlcodesample.com. 3600 IN NS ns2.dns.ne.jp.

;; Query time: 72 msec
;; SERVER: 192.168.5.2#53(192.168.5.2)
;; WHEN: Tue Jan 8 11:23:09 2013
;; MSG SIZE rcvd: 97

 ANSWER SECTIONを見ると、perlcodesample.comというドメインが、59.106.185.196というIPアドレスを指していることがわかります。

 AUTHORITY SECTIONを見ると、どのDNSサーバーに対して問い合わせているかを確認することができます。ns1.dns.ne.jpns2.dns.ne.jpになっています。