JulyTechFestaで見聞きしたキーワードのまとめ

2013/07/14(日)に開催された、JulyTechFesta2013に行ってきました。
そこで @paming が見聞きしたキーワードやリンクをまとめておきます。

全体

A01: Treasure Dataのクラウド戦略

togetter
スライド

  • TrasureDataの中川さんが公演
  • 中川さんはプログラミング言語Dの著者とのこと。
  • TrasureDataのビジネスは、「巨大なデータをクラウドで扱う」事。
  • ポリシー:"Data first, Schema later" "Simple APIs" "Easy integration"
  • tech stack: "td-agent" "Plazma" "multi-tenant scheduler"

    • fluented jsonフォーマットなログ転送の仕組み。pluginが豊富。rubygemで提供される。n:mの接続が出来る。 スクリーンショット_2013_07_15_18_24.png
    • td-agent fluentedを動作させるためのパッケージ。rpm,deb,homebrew等など
    • MessagePack JSONライクなシリアライザ
  • 多数の外部サービスを使っている

    • シリコンバレーの人は"focus""focus"と叫んでいるし、自分の強みに特化するため。
    • Librato Metricsダッシュボード生成サービス?メトリクス監視、realtime analysis
    • Pager Duty何かあったら電話を鳴らすサービス
    • Desk.com 顧客対応サービス、salesforce
    • olarkwebサービスに「ユーザからの問い合わせ用のチャット画面」を付けるサービス
    • HipChat 社内でのやりとり用chat Atlassian
    • CopperEgg サーバのモニタリング
    • Logentries ログファイルのgrep
    • New Relic モニタリング
    • opscodeのHosted Chef
  • 一方、BIツールは提供しない。

    • すでに顧客が使っているツールがある
    • 使ってるツールに流し込む仕組みを提供
  • 常に「自分達のコアバリューは何か?」を問いながら仕事するとのこと。

B10: OSSジョブ管理システムによる運用自動化事例

togetter
スライド
* SOS JobSchedulerの説明と事例紹介
* "JobScheduler"でググると一般用語がヒットしすぎるけど"SOS JobScheduler"ならだいぶマシ
* Job定義をXMLで記述。スクリプトはJavaScriptやshell、ruby、Java、perl等で書ける。
* クライアント機にAgent ジョブをコントロールする部分にEngineを入れる。ジョブの状態をJOC(web)で見る。ジョブの定義はJOEやJIDで定義する
* ジョブは2種類:StandaloneJobとJobChain。どちらもXMLで記述されている。
スクリーンショット_2013_07_15_18_21.png
* WebAPIがありPHPのライブラリがあるので、他とのつなぎ込みが簡単。
* 事例紹介。「機器の監視」はNagiosで行い、「業務の監視」をSOS JobSchedulerで行う。フロントエンドはJobSchedulerのAPIを叩いて独自画面を作成。
スクリーンショット_2013_07_15_18_27.png
* agent入れるのが面倒らしい。fabricで入れるパッケージあり。
* 日本JobSchedulerユーザグループ(JJUG)これまた検索しにくい

その他資料:
* SOS JobScheduler Overview (Japanese)

C20: ショート

C21: Gitのワークフローとアクティビティ

togetter
スライド
Gitのブランチ戦略の話でしたがほとんどメモれてなかった。
* git-flow
* github-flow: masterブランチは即デプロイOK!わかりやすい!
* GItHub Flow in Browser
* Github pluse
* Gitlab
* Git status
* タイムライン、BitBachketのような

C22: 組込みハードウェアをWebAPIとして提供する方法

togetter
プレゼン資料

  • ArtifactNoiseの発明家、北神さん第一印象
  • ロボットアーム+WebAPI=動かすだけで面白い!
  • ハードウェアとWebを繋ぐ"Elpis"。ハードウェアとの接続を「非同期化」してる。遅延とかいろいろ大変
  • ArtifactNoiseは「団体」で企業ではなく手弁当。一緒に色々やりたい人募集中→その後名刺交換会へ。

C23: 最近のEucalyptus

togetter
プレゼン資料
NTTデータの羽深さん。

A30: serverspec: Chef/Puppetと一緒に使うサーバテストのためのテスティングフレームワーク

togetter
スライド
* serverspecの宮下さん。子だくさん
* サーバプロビジョニング、3つのレイヤ "boot strap" "system configuration" "Application"
* それぞれに自動化 EC2やchef,puppet capistrano fabric
* そうしたらそれぞれに「テスト」がある。"serverspec" "Nagios""Zabbix"
*このへん聞き逃し
スクリーンショット_2013_07_15_19_09.png
* 「監視とは、継続的なテストである」 サーバのテスト=監視
* Nagiosとかでの監視項目(ポート開いてるか、http返してるか等)に加えて、serverspecでは"パッケージ入ってるか""自動起動するか"等もテスト出来る。
* Configuration Management Framework = chefとかpuppetとかansibleとか。これに対応するテストが数種類ある
* シンタックスのテスト
* 流し込み「前」のテスト(ユニットテスト) chefspecとか
* 流し込み「後」のテスト(結合テスト) serverspecとか
* serverspecとは→サーバの状態をRSpec (Rubyのテストフレームワーク)で記述。人間が流し込んだ後に「ログインして確認」してたことを自動化。
スクリーンショット_2013_07_15_19_17.png
* 応用:サーバ構築のCI。puppet更新→VMに流し込み→serverspecでテスト をくるくる回す。
* Ukigumo perlで書かれたCIツール、シンプルなJenkins風。

他の方のblog