Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Kotlin] 基本文法をしました。part.1

More than 1 year has passed since last update.

Kotlin 基本文法

// java
int temp = 10;

// Kotlin
val temp: Int = 10
var temp = 15

Kotlin は「;」を使わず、上記ように変数のTypeが後に付きます。
また、変数のTypeを指定しない場合があります。

val、var

Kotlin には、2つの変数の宣言方法があります。

val:変わることができない定数(Java:final、C / C ++など : const)
var:一般的な変数に対応します。

val_sample.kt
val a: Int = 1
val b = 1  // Intだと、推論することができる
val c: Int  // Intを初期化するとき、コンストラクタで初期化する
  c = 100 // コンストラクタの時点で初期化してくれないと、文法上のエラーが発生
var_sample.kt
var x = 5 // Intだと、推論することができる
x += 10

関数の作成

java_sample.java
public int sum(int a, int b) {
  return a + b;
}
Kotlin_function_sample.kt
fun sum(a: Int, b: Int): Int {
  return a + b
}

Kotlinの関数は、javaと少し違います。
fun 関数名(変数名:変数のType):returnのType{return値}

もっと、簡単な関数の作成も可能です。

Kotlin_function_sample2.kt
fun sum(a: Int, b: Int): Int = a + b
fun sum(a: Int, b: Int) = a + b

If文の場合は、こうなります。

Kotlin_function_sample3.kt
fun max(a: Int, b: Int): Int {
  if (a > b) return a
  else return b
}
Kotlin_function_sample4.kt
fun max(a: Int, b: Int) = if (a > b) a else b

loop

Kotlinのloopは、Javaと似ています。

java_loop.java
ArrayList<String> arrayList = new ArrayList<>();
for (String s : arrayList) {
    Log.d("TAG", "string : " + s);
}
Kotlin_loop.kt
val arrayList = ArrayList<String>()
for (s in arrayList) {
    Log.d("TAG", "string : " + s)
}

ranges

数字の範囲を指定

java_ranges.java
for (int i = 1; i <= 5; i++) {
  Log.i("TAG", "index : " + i);
}
Kotlin_ranges.kt
for (x in 1..5) {
  println(x)
}
ozvision
購買プラットフォーム「ハピタス」を開発・運営するベンチャー企業
https://www.oz-vision.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away