Mac
Node.js
homebrew

HomebrewでNode.jsをインストール+エラーの解決方法

はじめに

MacにNode.jsをインストールしたときのメモです。

前提

Homebrewは事前にインストールしてください。
ターミナルのコマンドに記載している{user}はユーザのホームディレクトリです。

手順

1. nodebrewのインストール

以下のコマンドを実行してください。

$ brew install nodebrew

インストールできたかを確認するために、バージョン確認を行います。

$ nodebrew -v
nodebrew 0.9.7
...

と出てくればOKかと思います。

2. Node.jsのインストール

以下のコマンドを実行してください。(今回は最新版のインストールです)

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v8.4.0/node-v8.4.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/{user}/.nodebrew/src/v8.4.0/node-v8.4.0-darwin-x64.tar.gz: No 
Warning: such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 941)
download failed: https://nodejs.org/dist/v8.4.0/node-v8.4.0-darwin-x64.tar.gz

私はこのようなエラーがでました。
ググってみると、インストール先のディレクトリがないのが原因だったので、
以下のコマンドでディレクトリを作成しました。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src

作成できたのでリトライ。

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v8.4.0/node-v8.4.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

インストールができました!
インストールできたかを確認するために、バージョン確認を行います。
(厳密にはローカルにインストールされたNode.jsのリストです)

$ nodebrew list
v8.4.0

current: none

上記の通り、「current: none」のままだとNodejsは実行できないので、
使用するバージョンをuseコマンドで有効化します。

$ nodebrew use v8.4.0
use v8.4.0

有効になったかをlistで確認。

$ nodebrew list
v8.4.0

current: v8.4.0

これで有効化されました。
次に、パスを通します。

$ echo 'export PATH=$PATH:/Users/{user}/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc

Node.jsのバージョン確認をします。

$ node -v
-bash: node: command not found

このような場合、
.bashrcの変更設定が反映されていないので、再反映します。

$ source ~/.bashrc

反映されたのでリトライ。

$ node -v
v8.4.0

npmも合わせて確認します。

$ npm -v
5.3.0

これで、Node.jsのインストールが完了しました!