Help us understand the problem. What is going on with this article?

【随時追記】AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトのメモ

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト を取得するための勉強メモ。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトの出題範囲

試験範囲 比率
分野1: 回復性の高いアーキテクチャを設計する 34%
分野2: パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する 24%
分野3: セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する 26%
分野4: コスト最適化アーキテクチャを設計する 10%
分野5: オペレーションエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する 6%

分野1: 回復性の高いアーキテクチャを設計する

  • 信頼性と回復性の高いストレージを選択する
  • AWS サービスを使用した分離機構を設計する方法を定義する
  • 多層アーキテクチャソリューションを設計する方法を定義する
  • 可用性またはフォルトトレラント性 (あるいはその両方) が高いアーキテクチャを設計する 方法を定義する

分野2: パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する

  • パフォーマンスの高いストレージとデータベースを選択する
  • キャッシュを使用してパフォーマンスを向上させる
  • 伸縮性と拡張性を備えたソリューションを設計する

分野3: セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する

  • アプリケーション層をセキュリティ保護する方法を定義する
  • データをセキュリティ保護する方法を定義する
  • 単一のVPCアプリケーション用ネットワークインフラストラクチャーを定義する

分野4: コスト最適化アーキテクチャを設計する

  • コスト最適化ストレージを設計する方法を定義する
  • コスト最適化コンピューティングを設計する方法を定義する

分野5: オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する

  • オペレーションエクセレンスを実現するソリューションの設計特性を選択する

AWSの仕組み

  • AWSはインフラやアプリ開発に必要な機能がオンデマンドのパーツサービスとして提供されている
  • インフラやシステム機能をブロックパーツのように、オンライン上で組み合わせて好きな構成をつくることができる

アンマネージド型とマネージド型

アンマネージド型

スケーリング/耐障害性/可用性を利用者側で設定し、管理する必要がある。

  • メリット
    • 設定が柔軟に可能
  • デメリット
    • 管理が面倒

マネージド型

スケーリング/対障害性/可用性がサービスに組み込ませており、AWS側で管理されている

  • メリット
    • 管理が楽
  • デメリット
    • 設定が限定的

AWSのグローバルインフラ構造

リージョン > アベイラビリティゾーン > エッジロケーション

AWSマネジメントコンソール

AWSマネジメントコンソールはWeb画面からAWSを設定できるGUIツール

インスタンス接続

設置したインスタンス(サーバー)の操作はWindowsサーバーやLinuxサーバーなどの標準に準じたソフトウェアを利用

基本操作

AWSの設定・操作は、まずマネジメントコンソールでインスタンス等を設置し、SSHで接続して操作するのが基本。

AWS CLI

コマンドラインからAWSを制御・管理することができる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away