LoginSignup
4
2

はじめに

軽く自己紹介すると、、
◆学部卒(非情報系)
◆新卒でSIerに入社し、3年目。
◆取得資格

資格名 取得日
基本情報技術者 2021年11月
AWS クラウドプラクティショナー 2023年2月
AWS ソリューションアーキテクトアソシエイト 2023年6月
AWS ソリューションアーキテクトプロフェッショナル 2024年3月
AWS デベロッパーアソシエイト 2024年3月
AWS sysOps Administrator アソシエイト 2024年3月

資格を取ってよかったこと①
〜希望する部署に異動ができた〜

 入社してから開発をやっていたが、2024年度からモノを作らない部署に会社都合で異動。
                                                                  ↓

 クラウドをやっている部署に異動したいと上司に相談。
                                                                  ↓

来月からクラウドの部署に異動し、AWS案件の担当に。

今回クラウド未経験でもクラウドの部署に異動できたのは、確実に資格が味方してくれたと思っています。

自分のキャリアプランに合わない部署になっても、常にキャリアについて考え、それに沿って過去に努力して取得した資格が自分を救ってくれました。

資格を取ってよかったこと②
〜社内で「意欲がある若手」と認識してもらえた〜

自分の希望の部署に異動できただけでなく、資格を取得したことで、意欲がある人間だと社内で認識してもらえました。
正直、資格を取ることは時間もかかるし、教材費もかかる。
普段の業務をこなしながら、プライベートの時間も割いて勉強をする。
すごく面倒くさいし、それが本当に自分に取ってメリットになるかも見えない中で勉強することは、本当に大変です。
だからこそ勉強をしていることが、社内では評価していただけました。

あなたの周りには、業務と別で資格取得のために頑張っている人はいますか?
もしいなければ、周りと差別化ができるチャンスかもしれません。

資格を取ってよかったこと③
〜自信がついた〜

社会人になって褒められる機会がなかなかなくても、資格を取れば、その分褒められる機会が増えます。
難しい資格に挑戦すればするほど、その機会が増えます。

そして褒められなくても、資格を取るための努力をできたということが、自分に取って最大の自信となりました

努力をせず、家でのんびりYoutubeを見たり、寝ることだってできたはず。
でもその時間を資格取得のために頑張ったことは、必ずあなたの自信に繋がります

資格取得する際に考えたこと①
〜むやみやたらと資格を取ればいいっていう訳ではない〜

 色んな資格に手を出すのは、何をしたい人なのか分からないと思われると思ったため、キャリアプランを考えて、そこに必要な資格を取るようにしました。
もちろん、興味ある資格であれば何を取っても問題ないと思いますが、私の資格取得のベースは、"将来自分がやりたい業務に携わるため"だったので、自分のやりたいクラウド×社内で需要の高い技術=AWSという選び方をしました。

ただの資格マニアはNG!
転職するつもりがないのであれば、自分がやりたいこと×社内で需要があることを意識することが大事だと思います。

資格取得する際に考えたこと②
〜資格を取るなら若いうちの方がいい〜

 若手以外が資格取得することが無駄という意味ではありません。
ただ、社内の周りの若手を見ていると、同じ挑戦をしていても、若手の方が「若いのにすごいね!」と褒められる機会が多いように感じました。
また、独身で時間がある今だからこそ、勉強の時間を確保しやすい上、若い頃からやる気があることが周りに伝われば、今後も色々任せてもらえるのではと考えていました。

若手のうちに、頑張れる人というイメージをつけることが大事だと思います。

資格取得する際に考えたこと③
〜資格をとるだけで、業務で活躍できる訳ではない〜

 実は周りに、私と同じような業務未経験だけど資格を取った人がおり、その人が鼻高々に周りに自慢していたのに、業務になるとぼろぼろで目を当てられない人がを見ていました。
資格を取っただけでは、クラウドのスタートラインに立つ準備ができただけと思っていたので、資格取得を褒められても謙虚な姿勢を忘れず、業務に早く携わらせていただきたいという姿勢を貫きました。

資格は実務のほんの一部。
実務で活躍するためには、常に勉強が必要。

『資格取得×若さ』は武器になる

 ・業務を惰性でやるのではなく、若手のうちに自分のやりたいことを見つけること
 ・そのやりたいことに対して逆算して、資格を取得したり、努力すること

資格が全てではないけれど、資格は、その人が何に興味があって、努力ができるかを客観的に証明してくれる武器だと思います。

もし若手の方で、将来に不安がある人がいたら、こんな資格の役立て方もあるので、ぜひ挑戦してみてください!

4
2
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4
2