Angular
Angular2

Angular 2 alpha版のAPI変更についてメモ

More than 3 years have passed since last update.

151223現在、beta.0がリリースされましたので本稿のサポートは終了します。


150721現在、Angular 2.0.0-alpha.31がリリースされています。数版前にDeveloper Previewと銘打ったのは何だったのかAPI変更がけっこう多いので、覚えている限りのAPI変更を記しておきます。記憶から抜けているものがあったら下のコメント欄で補足願います。

以下についての変更は煩雑なので追いません。


  • 内部API

  • エラーハンドリング用API

  • alpha.14以前

見出し名が執筆時・記事修正時の最新のAPI名です。


@View

alpha.19より

旧称: @Template

プロパティも改名



@Template({

url: 'my_app.html',
inline: '<p></p>'
})



@View({

templateUrl: 'my_app.html',
template: '<p></p>'
})


廃止になったもの

alpha.22より

廃止: @DynamicComponent


@Directive

旧称: @Decorator

旧称: @Viewport(統合)



@Decorator({

selector: '[house]'
})

@Viewport({
selector: '[house]'
})




@Directive({

selector: '[house]'
})


@Directive.properties

alpha.26より

propertiesがObjectリテラルからArrayに変更されるという大規模なBreaking Changeが入ったため注意。

Before

@Directive(properties: {
'sameName': 'sameName',
'directiveProp': 'elProp | pipe'
})

After
@Directive(properties: [
'sameName',
'directiveProp: elProp | pipe'
])

alpha.19より

旧称: @Decorator.bind -> @Decorator.properties


@Directive.hostListeners

alpha.19より

旧称: @Decorator.events -> @Decorator.hostListeners


*ng-if

alpha.24より

旧称: *if


*ng-non-bindable

alpha.24より

旧称: *non-bindable


*ng-switch

alpha.24より

旧称: *switch


*ng-for, ng-for-of

alpha.24より

旧称: *for, of


@Component.appInjector

alpha.24より

【注意】hostInjector, viewInjectorに分割する準備段階のためappInjectorじきに廃止される可能性あり

旧称: @Component.componentServices -> @Component.services -> @Component.injectables


ElementRef.nativeElement

alpha.28より

旧称: ElementRef.domElement


ほとんど自分用。もしAngular 2に特攻する方がいたら、有るはずのAPIが無い…という時にここでまとめてある! みたいな感じで。