Bash
iTerm2

iTerm2を快適に操作するためのカスタマイズ集

ターミナルを快適に操作するためには表示のカスタマイズをしたり、ショートカットを学んだりするのは必須ですよね。
ただ、Mac標準のTerminal.appの事例は日本語の記事が多いですが、iTerm2はあまりなかったので、環境整え直したときに何をしたかをメモしていきます。
(他にも類似記事はありましたがあまりに古かったので・・・)

表示のカスタマイズ

カラースキームの導入

  1. http://iterm2colorschemes.com/ から好きなテーマを選ぶ(私はJapanesqueを使うことにしました)
  2. https://github.com/mbadolato/iTerm2-Color-Schemes/tree/master/schemes から、<選んだテーマ>.iterm2colorsファイルをRAWで開き、ダウンロードする
    注意:右クリックからリンク先を保存するとインポートできない時があるので、RAWで開きその内容をダウンロードするなり手元のテキストエディタで手動保存するなりすること
  3. iTerm2に戻り、Cmd+iで設定を開く
  4. [Colors]タブに移動し、右下のプルダウン[Color Presets...]を開き、Importを選び、ダウンロードしたiterm2colorsファイルを開く
  5. 正しくインポートされるとプルダウンメニューで新しく選ぶことができるのでそれを選択

lsした際ファイル属性ごとに色分けする

以下を参考に.bash_profileで値を設定

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS="GxFxCxDxBxegedabagaced"

分けられるファイル属性と設定できる色の設定値は以下の通り。

分けられるファイル属性

順番 属性
1 ディレクトリ
2 シンボリックリンク
3 ソケットファイル
4 FIFO特殊ファイル
5 実行ファイル
6 ブロック型特殊ファイル
7 キャラクタ型特殊ファイル
8 setuid bit が設定された実行形式
9 setgid bit が設定された実行形式
10 他者が書き込み可能なディレクトリ、sticky bit 付き
11 他者が書き込み可能なディレクトリ、sticky bit 無し

色の設定値

設定値
a
b
c
d
e
f マゼンタ
g シアン
h 明い灰
A 太字の黒で、通常暗い灰に見える
B 太字の赤
C 太字の緑
D 太字の茶で、通常黄色に見える
E 太字の青
F 太字のマゼンタ
G 太字のシアン
H 太字の明い灰で、明い白に見える
x デフォルトの前景色と背景色

プロンプトの表示内容と色をカスタマイズする

プロンプトの表示内容と色をカスタマイズする。
色の定義は直感的じゃないので変数として宣言しておく。
bashにおけるstringの変数宣言についてはこちらへ
http://kreisel.fam.cx/webmaster/clog/2007-05-25-1.html

# define for PS1
black=$'\e[30m' # Black - Regular
red=$'\e[31m' # Red
green=$'\e[32m' # Green
yellow=$'\e[33m' # Yellow
blue=$'\e[34m' # Blue
purple=$'\e[35m' # Purple
cyan=$'\e[36m' # Cyan
white=$'\e[37m' # White

# display git status
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1="\u@\[$green\]\w\[$red\]\$(__git_ps1 [%s])\[$white\]> "

※条件分岐等を使って表示内容を変えることもできますが、ここではやりません

設定可能な属性

__git_ps1は以下にありませんが、gitのブランチを表示する設定値です。詳しくはhttp://blog.ruedap.com/2011/07/06/mac-terminal-git-branch-nameへ

設定値 属性
\d 日付
\h ホスト名(ドメイン名なし)
\H ホスト名(ドメイン名あり)
\s シェルの名前
\t 時間(24時間制 HH:MM:SS形式)
\T 時間(12時間制 HH:MM:SS形式)
\@ 時間(12時間制 HH:MM AM/PM形式)
\u ユーザ名
\w カレントディレクトリ
\W カレントディレクトリのベース名
! コマンドの履歴番号を表示
# コマンドのコマンド番号
$ rootなら#、それ以外のユーザなら$を表示
\ バックスラッシュ

設定可能な色(一部)

以下をベースに太字、下線付き、背景色などが設定できます。詳しくは以下を調べてください。
https://misc.flogisoft.com/bash/tip_colors_and_formatting

設定値
0;30m Black
0;31m Red
0;32m Green
0;33m Yellow
0;34m Blue
0;35m Purple
0;36m Cyan
0;37m White

終わりに

私がやっているカスタマイズは以上です。皆さんが楽しいbashライフを送れますように!