Splatoon
api.ai
actionsongoogle
dialogflow

Actions on GoogleとDialogflowでスプラトゥーンのアシスタントを作った

利用サービス解説

Actions on Googleとは

Googleが開発したGoogle Assistant対応Action。アプリみたいなものだが、Googleアシスタントアプリが入っていればどの端末からでも使える。
https://developers.google.com/actions/

Dialogflowとは

Googleが開発した言語解析エンジン。旧api.ai。

作ったものの概要

名前「イカの武器屋」
Splatoon2に登場するブキの名前を言うと性能(ブキチの解説)やサブウエポン、スペシャルウエポンを教えてくれるアシスタント

スクリーンショット 2017-12-20 9.55.11.png

アシスタントの作り方

Dialogflowでの作業

  1. DialogflowでAgentを新規作成する
  2. Intentsに設定したい会話の例を追加する
    スクリーンショット 2017-12-20 9.55.34.png

  3. EntitiesでEntityを作成し、呼称、正式名称を登録する
    スクリーンショット 2017-12-20 10.10.28.png

  4. IntegrationsでGoogle Assistantと連携する

  5. Manage Assistant AppからActions on Googleのコンソールを開く
    スクリーンショット 2017-12-20 10.13.41.png

Actions on Googleでの作業

  1. プロジェクトを追加する
  2. プロジェクトの情報を設定する
    スクリーンショット 2017-12-20 10.14.53.png

  3. TEST DRAFTをクリックし、シミュレータを起動する

実際に動かす

  1. シミュレータでプロジェクトの情報で設定したアプリ名を入力すると、Dialogflowで作成したアシスタントが起動する スクリーンショット 2017-12-20 10.16.08.png
  2. DialogflowのIntentで設定した内容を話しかけると、設定した回答を返してくれる(※同じGoogleアカウントに紐付いているGoogle Homeでも動作可能) スクリーンショット 2017-12-20 10.16.08.png

難しかったところ

  • アシスタントのアプリ名を決めるところ
    Google Homeが聞き間違えしない名前、かつ、サービス内容が分かりやすい名前にしなければならない
  • ↑に気付くまで何が間違っているかわからない
    デバッグが難しい

今後

以下を年末にできたらいいなと思っています。

  • Entityで設定した内容をAPI化する
  • GitHubに公開する
  • このアシスタントを公開し、全てのGoogle HomeやGoogleアシスタントで使えるようにする