AWS認定クラウドプラクティショナー合格までにやったこと


はじめに

AWS認定クラウドプラクティショナーに合格したので、やってきたことをまとめました。「最短で合格する」といった目標は立てずにゆっくりじっくりやりました。


筆者のスペック


  • セキュリティエンジニア

  • AWS未経験


    • S3、Lambdaはなんとなく知っている程度

    • AWSアカウント作成 2018/10/XX



  • クラウド関連は興味あり、資格あり


    • Certified Kubernetes Administrator

    • Certified Kubernetes Application Developer

    • Cloud Foundry Certified Developer




試験結果

受験日
スコア

2019/03/15
964


試験準備

試験対策としてやったことをまとめます。


10分間チュートリアル

https://aws.amazon.com/jp/getting-started/tutorials/

10個ぐらいやりました。チュートリアルを全部やるのは場当たり的すぎてよい策ではないと感じ、方針転換しました。


Udemy受講

手を動かしながら2週間で学ぶ AWS 基本から応用まで

2018年Qiita:Zine読者に学ばれたUdemy人気講座5選にも選ばれた本講座を受講しました。評判通り、AWSを知らない状態からでも体系的にわかりやすく学習することができました。試験対策というよりはAWSを0から勉強したくて受講しましたが、最初のステップとしては外せなかったのでここに入れました。

手を動かすことで知識の定着率はよかったです。オススメです。


対策本

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書

2019年3月現在、クラウドプラクティショナーの対策本がないこと、最初からソリューションアーキテクト アソシエイトを受けることも検討していたことから新しい(新試験対応)本を選びました。一通り目を通し、その後もパラパラと眺めていました。


試験ガイド

AWS 認定クラウドプラクティショナー(CLF-C01) 試験ガイドを読みました。


公式デジタルトレーニング受講

AWS Cloud Practitioner Essentials (Second Edition)

聞き取りやすい英語でした。字幕嫌いなので探しませんでしたがあったのかな・・・?


模擬試験

公式の模擬試験を受験しました。よく言われる通り、これは必須でしょう。


  • 総合スコア: 96%

  • トピックレベルスコア:


    • 1.0 Cloud Concepts: 100%

    • 2.0 Security: 100%

    • 3.0 Technology: 100%

    • 4.0 Billing and Pricing: 66%



よくできました。ソリューションアーキテクト アソシエイトからはじめてもよかったかもしれません。


試験対策以外にAWSでやったこと

やったこと
利用したサービス

Kubernetesの監査ログをS3に保存する
S3、IAM

Container Linuxのセキュリティ修正をSlackに通知するCronJobをAWS Lambdaに移行した
Lambda、IAM

SlackのSlash Commandsを試してみた
API Gateway、Lambda、IAM


まとめ

手を動かしてみることで知識の定着率が上がると思います。試験対策としては参考書1冊と模擬試験で十分でしょう。次はあまり時間を空けずにソリューションアーキテクト アソシエイトに挑戦します。