Help us understand the problem. What is going on with this article?

Certified Kubernetes Administrator(CKA)を取得した

More than 1 year has passed since last update.

先日 Certified Kubernetes Administrator(CKA)を取得しました。試験の概要や勉強方法を紹介します。

logo_cka.png

CKAとは

Cloud Native Computing Foundation(CNCF)が提供する認定試験です。

項目 内容
試験時間 3時間
試験形式 ブラウザ上のCLI環境を利用するハンズオン形式
設問数 24問
言語 日本語(試験監督者とのチャットは英語)
受験料(※) $300
認定有効期間 2年間

(※) 後述の通り、昨年のBlack Fridayセールを利用して安く抑えました。

出題内容

Administrator試験ですが、Kubernetesの利用と構築の両面が問われます。

  • Application Lifecycle Management 8%
  • Installation, Configuration & Validation 12%
  • Core Concepts 19%
  • Networking 11%
  • Scheduling 5%
  • Security 12%
  • Cluster Maintenance 11%
  • Logging / Monitoring 5%
  • Storage 7%
  • Troubleshooting 10%

今後、出題内容が変わる可能性もありますので、受験の際には以下を参照してください。

試験環境

Kubernetes v1.11.1

Cluster Members CNI Description
k8s 1 etcd, 1 master, 2 worker flannel k8s cluster
hk8s 1 etcd, 1 master, 2 worker calico k8s cluster
bk8s 1 etcd, 1 master, 1 worker flannel k8s cluster
wk8s 1 etcd, 1 master, 2 worker flannel k8s cluster
ek8s 1 etcd, 1 master, 2 worker flannel k8s cluster
ik8s 1 etcd, 1 master, 1 base node loopback k8s cluster − missing worker node

https://www.cncf.io/certification/tips

注意事項

きっかけ

Kubernetesを理解する必要性が業務上発生し、Introduction to Kubernetes (LFS158) を受講しました。次のステップとしてKubernetes Fundamentals (LFS258) の受講を検討していたところ、昨年11月末のBlack FridayセールでLFS258受講とCKA受験を合わせて$179と、単体より安くなっていました。当時はCKA受験は考えていませんでしたが、安上がりになるなら受験してもしなくてもよいかと思い、申し込みました。
BlackFriday-CKA.png
LFS258修了後も受験する予定はありませんでしたが、期限切れを前にしてある程度まとまった時間がとれたので、3週間ほど勉強して試験に挑戦しました。

学習方法

『Kubernetes完全ガイド』を読んで手を動かしてみる

CKA/CKAD保有者直伝の『Kubernetes完全ガイド』を2週間ほどで読了しました。minikubeやGKE(Google Kubernetes Engine)で実際に操作することで理解が深まりました。本書には大変お世話になりました。4〜13、19章の内容は押さえておくとよいでしょう。

Udemyを受講する

年初に購入して放置していましたが、この機会に全部見ました。

GKEのチュートリアルを読んで手を動かしてみる

チュートリアルの「アプリケーションのデプロイ」のうち半分程度に取り組みました。理解に自信のなかったPersistentVolumeClaimとIngressを重点的に確認しました。

Hard Wayに従ってクラスタを構築してみる

ここまでの学習でKubernetesを利用する方法については自信がついたので、Administrationの学習に移りました。Kubernetes The Hard Wayはやっておきたいですね。

Hard Way以外の方法でクラスタを構築してみる

Hard Wayをやればクラスタ構築できますが、理解を深めるために様々なパターンでクラスタ構築をしました。

  • kubeadmを使って構築する
  • kubeadmを使って構築するが、CRIをDockerからContainerdに置き換える
  • kubeadmを使わずに構築する(途中で試験日を迎えてしまいました)

公式ドキュメントをひたすら読む

試験中に効率よく参照できるよう、公式ドキュメントを読み、どこに何が書いてあるのか大雑把に把握しました。
https://kubernetes.io/docs/

その他の準備

体験談を読む

CKA受験者の体験談を読んでイメージをつかみました。
レンタルスペースを借りる、英語でチャットするといったことを把握できてよかったです。

ブックマーク

試験中に効率よくドキュメントを参照できるよう、以下をブックマークしておきました。

持ち物

  • パスポート
  • PC(MacBook Air)
    • Chrome
    • Chrome拡張 Innovative Exams Screensharing
  • Webカメラ

本番

会場

試験前にはWebカメラを使って、机上や室内に何もないかチェックされます。自宅の部屋を片付けるのは厳しかったのでこちらのレンタルスペースを利用しました。

本人確認

試験監督者の指示に従って、パスポートをWebカメラにかざして確認してもらいますが、ここでトラブルが発生しました。Webカメラが安物だったせいか、ピントが合わず映像不鮮明で本人確認できませんでした。少々焦りましたが、Mac内蔵カメラに切り替えることで無事対処できました。

試験中

まずは、時間がかかる問題、ぱっと見てわからない問題はとばして最後まで解答しました。1時間ほどで最終問題に到達しました。開始直後は焦りがありましたが、想定以上によいペースでしたので落ち着きを取り戻すことができました。

とばした10問程度については、時間的にも精神的にも余裕を持って取り組みました。そして、1問だけどうしても歯が立たない問題が残りました。全体の見直しをした後、1時間かけて1問をじっくり考えましたが解答できませんでした。

試験監督の指示

試験中に監督者から何度かチャットがきて、次のような指示がありました。

  • カメラに映らないので、別タブで長時間学習しないでほしい
  • カメラの位置を下げてほしい
  • 口を覆う仕草を控えてほしい

結果

無事、一発合格できました。

Congratulations! You achieved a passing score on the CKA Exam that you took on 2018-10-19!

You scored 92% for this Exam. A score of at least 74% was required to pass.

歯が立たなかった問題の配点が8%でしたので、それ以外は完答した計算です。

The Linux Foundation Certification Verification Toolでも確認できます。

  • Certificate ID Number: CKA-1800-0872-0100
  • Last Name on Certificate: Oketani

まとめ

しっかり準備した甲斐あって無事に合格できてよかったです。kubectlの使い方を一通り押さえること、ドキュメントに目を通しておくことが合格への近道だと思います。

今年はCyber Mondayセール(11/26〜12/3)で、昨年のBlack Fridayセール同様、$179でLFS258受講とCKA受験ができます。この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
https://training.linuxfoundation.org/cyber-monday-2018/

次のステップ

次はCertified Kubernetes Application Developer(CKAD)に挑戦します。
Cyber Mondayセールを利用して申し込みました。
CyberMonday-CKAD.png

oke-py
OSSコミッタに憧れるセキュリティエンジニア 興味: Kubernetes/AWS/GCP
https://note.com/oke_py
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした