WSUS配下のPCで.NET2.0ファームウェアのダウンロードに失敗する

事象

Windows8, 10、ActiveDirectory、WSUSの構成において、.NET2.0ファームウェアのダウンロードに失敗する

参考URL : https://www.kjctech.net/install-net-framework-3-5-on-windows-8-1-10-with-wsus/

.NET2.0が必要なアプリケーションのインストーラーによる自動ダウンロードや、「Windowsの機能の追加」から.NET2.0をダウンロードする際に、エラーコード0x8024401Cで失敗する。

image.png

原因

本現象は、Windows8, 10、ActiveDirectory、WSUSの構成において「オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」というADポリシーが無効になっている際に発生する。

解決方法

  • ActiveDirectoryのドメインコントローラ(DC)サーバーにて、「グループポリシー管理エディタ」を開く
  • 新規もしくは既存のポリシー内で下記設定を有効にする
    • [コンピュータの構成] -> [ポリシー] -> [管理用テンプレート] -> [システム] を開く
    • 右ペインの下部にオプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」という項目が存在するので右クリックして「編集」する
    • 「未構成」となっていた場合「有効」にし、「Windows Server Update Services (WSUS)の代わりに、Windows Updateに直接アクセスして修復コンテンツをダウンロードする」にチェックを入れて保存する

image.png

  • クライアント側で再起動を実施し、ポリシーを適用する
  • ダウンロードが可能になる

備考

当該ポリシーはデフォルトで「無効」であるが、WSUS未導入の場合は特に影響を及ぼさない。WSUSを有効にする為のポリシーとは別のセクションに存在するため、気付きにくい設定となっている。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.