Help us understand the problem. What is going on with this article?

Microsoft Formsのアンケート結果をPower Automateを使ってChatworkへ通知する

https://qiita.com/y-nagasawa/items/b4160ab35c0e901b1b62

先輩がMicrosoft FormsとPower Automateを使った自動化記事を書いていたので、
僕もPower Automateを使った自動化の記事を書きます。

やりたいこと

  • Formsのアンケートに記入された内容をChatworkへ通知する。

前提

  • Office365が利用できる
  • Chatworkが利用できる

使用サービス

  • Microsoft Forms
  • Microsoft Power Automate
  • Chatwork

手順

1. Microsoft Fromsでアンケートを作成

アイデアを募集するアンケートを作成しました!
Microsoft Fromsでのアンケート作成方法はここでは割愛します。
スクリーンショット 2019-12-22 21.23.26.png

2. Chatworkで通知先チャットグループを用意する

アンケートにて回答された結果をChatworkに通知するためのグループを作成します。
今回は「アイデアアンケート結果通知Gr」というグループに通知します。
スクリーンショット 2019-12-22 21.26.36.png

3. Microsoft Power Automateでつなぎ込みを行う

いよいよ本題です。
Microsoft Power Automateの一番の魅力はサービスとサービスの連携だと思っています。
今回もMicrosoft FromsとChatworkといった別サービスをMicrosoft Power Automateを使ってつなぎ合わせていきます。

まずは、ベースを選びます。
スクリーンショット 2019-12-22 21.39.42.png

さぁ。設定していきましょう。
フォームIDはプルダウンで先ほどMicrosoft Fromsで作成したフォームを選択します。
次に、ChatworkのルームIDを変数に入れるために初期化および設定をします。
変数名はなんでも良いですが今回は「room_id」にします。

ちなみにルームIDはChatwork対象グループのURLから確認できます!
スクリーンショット 2019-12-22 21.43.03.png

次はアンケート結果の取得とChatworkへの通知設定です。
アンケート結果の取得はMicrosoft Formsのアクションから応答ID「応答通知の一覧 応答 ID」を選択します。

そして、HTTPアクションでChatwork APIを利用して通知の設定を行います。
Chatwork API仕様に従い、形式とURIを設定します。
「room_id」には上記で設定した変数を充てています。
ヘッダーの「X-ChatWorkToken」では「通知するアカウントのAPIトークン」を設定します。

最後に本文に通知内容を設定して完了です。
スクリーンショット 2019-12-22 21.58.00.png

動作確認

まずはアンケートに回答します。
スクリーンショット 2019-12-22 22.07.26.png

Chatworkに通知されることを確認できました!
スクリーンショット 2019-12-22 22.08.30.png

おわりに

いかがだったでしょうか?
Office365を導入しているけど、コミュニケーションツールはChatworkをご利用されている方には是非おすすめの自動化かと思います!

是非、試してみてください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away