Arduino
serial
インタープリタ
vtl

概要

arduinoでターミナルやってみる。
20字4行のLCDとps/2キーボードをつないで、シリアル端末を作ってみる。
テストの為、vtlをarduinoに書いてみた。

写真

vtl0.jpg

参考にしたページ

http://middleriver.chagasi.com/electronics/vtl.html

vtlの仕様

代入しかない。
何=何の形式のみ。
ダイレクトモードとエディトモードあり
エディトモード
インサートは、10 a=0
デリートは、 10
エディトは、 10 a=100
0は、リスト
実行は、#=1
行番号無しでダイレクトモード
変数は、a,b,c
コードは、256バイト。
+ - * / で、加、減、乗、除。
%は、剰余。
数値は、1バイト整数符号無し。0-255
行番号も同じく。
= < > で論理式、値は0と1を取る
文は、左から順に評価される。2+5*6は、42となる。
#は、プログラムカウンター
if文は、#=a<100*20でaが100より小さいなら、行20に飛ぶ
?は、プリント文。

1から10までの総和サンプルコード

10 a=1
15 b=0
20 b=b+a
30 a=a+1
40 #=a<11*20
50 ?="souwa="
60 ?=b

以上。