Edited at

Qiita非公式Androidアプリケーション「Qiitanium」をリリースしました。

More than 3 years have passed since last update.

Image


Qiitanium

Qiita APIを利用してアプリを作ったみたので本日公開しました。

一押しポイントは他Qiitaクライアントより記事の詳細表示が最速です

(単純にWebViewでQiitaのWEBページを表示してるクライアントがほとんどですが、ロードが結構遅いんですよ…)

Google Play Store


主な特徴


Android最新OS(Lollipop)のみ対応^^;

個人開発でしかできない選択肢ですが、最新OSの機能を試していく役割を兼ねているので5系のみにしました。

今のところLollipopで追加されたRipple EffectやSceneTransitionなどのアニメーションを使ってます。


ログイン不要(今後API V2で実装予定)

API V1で当初作り始めていたのですが、V2で公開されたOAUTH認証のほうがよさそうなので、

一旦今回はログインを含む更新系の機能は取り除きました。(V1からV2への移行は大変そうだし。。)

今のところ開発モチベーションが続けば、

V2のOAUTH認証を実装してストック機能とか、認証で使える機能を組み込む予定です。


新着一覧、タグ一覧から記事を閲覧可

認証を実装してないので、ちょい寂しい。。

タグ一覧は以前、人気タグ順?に一覧が取得できてましたが、現状新着順?になってしまったようです。

新着順だと全然使えないので、とりあえずQiitaのWEBページからタグ一覧に表示されているやつだけを表示してます。これも困りポイント。。ユーザ認証できればフォローしているタグ一覧を表示できればいいのかなー


記事のタグ、コメントを閲覧可

タグフォロー、コメント追加などの更新系はできませんが、アプリ内で閲覧は可能です。


シェア・外部ブラウザ起動可能

個人的にシェア連携をよく使うのでいれてます^^;

アプリ内ではQiitaのWEBページを直接表示しているわけではないので、

一応外部ブラウザ起動で記事を表示できるようにしてます。

今のところユーザ認証した機能がないので、

ストックとかしたい場合は外部ブラウザ起動してもらうしかないですね><


オープンソースとしてコードも公開中

GitHubにMITライセンスで公開しています。

https://github.com/ogaclejapan/Qiitanium


使っているOSSライブラリ一覧


QiitaAPIへの要望

API V2には記事APIにHTML変換されたコンテンツ内容が入ってこないので、

MarkdownテキストからHTML変換するAPIほしいデス。。

GitHub APIでいうこれ↓

https://developer.github.com/v3/markdown/