Edited at

CentOS逆引きメモ

More than 1 year has passed since last update.

必要に迫られたCentOS系の逆引きメモになります。


起動


warning skipping the following r/o file systems /sys/fs/cgroup

原因はまちまちだけど再起動するとwarning skipping the following r/o file systems /sys/fs/cgroupと表示されて起動プロセス止まったように見える場合が有る、少々待てば再起動する。


cron


登録済みタスクの確認

crontab -l


cronのログを確認

tail -f /var/log/cron


rsync


ssh 接続でポート番号を指定する。

rsync -avz -e "ssh -p 99999" test@host:/var/test/ /var/test/


その他


ランダム文字列の生成

cat /dev/urandom | tr -dc 'a-zA-Z0-9' | fold -w 16 | head -n 8 | sort | uniq

サンプルは16バイト長


参考