cloud9
Railsチュートリアル

Railsチュートリアルに沿った開発環境構築の方法(Cloud9)

Railsチュートリアルの開発環境構築部分だけをまとめました。
バージョンなどは2018/7/12時点の情報です。

環境構築する項目

  • cloud9環境
  • rails環境
  • git環境(BitBucket)
  • 本番用サーバ環境(heroku)

cloud9環境

ここは割愛
AWSに登録してcloud9環境を一つ作ってください。
一番安いプランでい胃と思います。

rails環境構築

$ gem install rails -v 5.1.4 #rails環境のインストール
$ rails _5.1.4_ new ***_app #アプリファイルの作成 ***は作りたいアプリ名

/***_app/Gemfile を以下に差し替え

source 'https://rubygems.org'

gem 'rails',        '5.1.4'
gem 'puma',         '3.9.1'
gem 'sass-rails',   '5.0.6'
gem 'uglifier',     '3.2.0'
gem 'coffee-rails', '4.2.2'
gem 'jquery-rails', '4.3.1'
gem 'turbolinks',   '5.0.1'
gem 'jbuilder',     '2.7.0'

group :development, :test do
  gem 'sqlite3', '1.3.13'
  gem 'byebug',  '9.0.6', platform: :mri
end

group :development do
  gem 'web-console',           '3.5.1'
  gem 'listen',                '3.1.5'
  gem 'spring',                '2.0.2'
  gem 'spring-watcher-listen', '2.0.1'
end

group :production do
  gem 'pg', '0.20.0'
end

# Windows環境ではtzinfo-dataというgemを含める必要があります
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby]

$ cd ***_app/ #アプリファイルに移動
$ bundle install --without production

#↓budle updateしろ!とエラーが出たら以下も実行
$ bundle update

git環境

まずGitHub or BitBucketにアカウント登録

秘密鍵の作成

$ cd ~/.ssh
$ ls #~/.ssh にid_rsa,id_rsa.pubがないことを確認
$ ssh-keygen #id_rsa,id_rsa.pubを作成
  #鍵作成パス,パスワード,パスワード確認の順で入力を求められる
  #鍵作成パスは空白(~/.sshに作られる) パスワードは任意の値を入力
$ ls #id_rsa,id_rsa.pubが存在している
$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub #上記をコピーしてbitbucket,githubに登録

git設定

$ cd /***_app
$ git init
$ git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email you@example.com
$ git add -A
$ git commit -m "first commit"

#githubでリポジトリ作成

$ cd ~/environment/***_app/
$ git remote add origin git@bitbucket.org:<ユーザ名>/<リポジトリ名>.git
$ git push -u origin --all

本番サーバ環境(heroku)

#herokuアカウント作成
$ heroku --version #インストールされていないことの確認
$ source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/heroku_install) #herokuインストール
$ heroku --version #インストールされている
$ heroku login #herokuの登録e-mail、パスワードを求められるので入力
$ heroku keys:add #sshkeyの登録 Yを入力
$ heroku create #herokuサーバ作成
$ git push heroku master #herokuサーバにpush

完了

以上で環境構築は終了
テスト,BootStrapの設定等はお好みで