Help us understand the problem. What is going on with this article?

仮想環境でPytorchを使いたい

Pytorchを仮想環境で使うために入れたコマンドをそのまま置いておく
本を見ながら入れようとしたけど、筆者と環境が違うので微妙に色々違った
PyTorchで学ぶニューラルネットワークと深層学習 v1.2対応 Kindle版

私の環境(?)

  • macOS High Sierra 10.13.6
  • Anaconda3
  • Python3.7.2

Pytorch入れる

仮想環境を作る

Anacondaで仮想環境を作る
pytorchという名前で作ります

conda create -n pytorch python=3.7

仮想環境を起動する

今後もこの仮想環境使うときは最初に必ず入れる

conda activate pytorch

これをやるとターミナルの一番左が(base)だったのが(pytorch)になって、なんか使っているよ感が出る

仮想環境を抜けるときはこれ入れる

conda deactivate

よく使うライブラリをインストールする

複数まとめてインストールするときは、普通にスペース空けて並べとけばいい

conda install pandas jupyter matplotlib scipy scikit-learn pillow tqdm cython

こういうときに見やすいように多分区切りかたがあるけどわからん

Pytorchをインストールする

Pytorchのサイトが優しい
これも見ました
自分の環境を選んだら入れるべきコマンドを表示してくれる

MacはGPUがないらしい。GPU使う章はAWSを使うことになると思うんだけど、現時点ではとりあえずCUDAなしでいいのかな…と思いながら入れた。いいんですか?

conda install pytorch torchvision -c pytorch

できた

doneってなってるし多分できたんやろ
7章で使うものを入れましょうと書いてあるけど、それはそのときに考えます

Pytorch使う

Anacondaを開いてEnvironmentというのを見ると、新しくpytorchができていてやったーと思う
HomeでApplications onってところがpytorchになってるのを確認して、Jupyter NotebookをインストールしてLaunch。多分コマンドでやる方法があるけどわからん
前にしょぼめのコードを書いておいたのが実行できるか試す

pytorch_test.py
import numpy as np
import torch

t = torch.tensor([[1, 2], [3, 4.]])

print(t)

ほんとは.pyじゃなくて.ipynbだけどQiitaで反映されんのでpyにしとる
これ実行したら無事
tensor([[1., 2.],
[3., 4.]])

て出てきてよかった

おわり

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした