開発をスピードアップさせるために自分がやっていること

More than 1 year has passed since last update.


なぜ発表しようと思ったか


  • チームのふりかえり会では採用をテーマに扱っているため、開発効率化の話を発表・共有する場がなかった。

  • 自分がどういったマインドで仕事に取り組んでいるのか、知ってもらいたかった。

  • 同じマインドを持った人と仕事をしたい。そちらのほうが楽しいから。



どうなってほしいのか


  • 日々の小さな改善をチーム全体でやっていきたい。

  • プロジェクトで決められたタスク以外に、自由に改善はやっていいと思ってもらいたい。

  • 自分のことを知ってもらいたい。



基本姿勢



基本姿勢



どんなことをやっているのか



静的インスペクションツールを導入


なぜやったのか


  • 機械ができる指摘は機械にやらせることで、レビューを効率的(かつ効果的)にするため。

https://scrutinizer-ci.com/



Symfony3のベストプラクティスを翻訳しながら読む


なぜやったのか


  • ベストプラクティスに沿って開発したほうが開発効率が高い。

  • 他のフレームワークでも通用するような内容も含まれていたため、参考になる(例:薄いController層)。

https://github.com/nouka/SymfonyBestPractices



APIのテストの使い方を整理


なぜやったのか


  • APIの自動テストには2つのツールを使っている(FrisbyとPhpUnit)。

  • 違うツールで同じテストを書いており、明らかに非効率的だった。



技術ミーティングでLTを3回やった


なぜやったのか


  • たった10分程度で技術の共有ができ効率的。

  • おもしろおかしく学ぶことでモチベーションも継続しやすい(つまらないことのモチベーションを維持するコストはバカにならない)。



技術ミーティングでLTを3回やった


どんなのをやったのか


  • 失敗から学ぶコード改善のすすめ

  • テストにまつわるエトセトラ

  • Doctrineの挙動まとめ

  • ScrutinizerCIについて




  • HipChatにJenkinsの自動テストの結果を流した

  • SpitzのCIUnitをフレームワークのバージョンと合わせた

  • アフィリコードプラスの開発環境をCloudFormationを使って構築した

  • hapitas_vagrantを修正した

  • Gitの設定を共有した



まとめ


  • 1日のほんのちょっとの時間を使うだけでも改善はできる。

  • みんなの力を合わせれば、さらに大きな改善になるのでやりたい。

  • こんな人間ですが、友達になってください。