1.Excelのデータを適当な場所に保存(今回はtmp直下に保存)
/tmp/book.csv

2.MySQLで取込み用のクエリー文を作成
(なお、テーブルは先に作成しておく。)

LOAD DATA (LOCAL) INFILE '~/Desktop/book.csv' INTO TABLE books character set sjis FIELDS 
TERMINATED BY ',' ENCLOSED BY '"' LINES TERMINATED BY '\r\n';

3.クエリー文解説

    ・LOAD DATA LOCAL INFILE ‘~/Desktop/book.csv’ (取り込むファイルの場所) 
    ・INTO TABLE books テーブル名(テーブルは先にcreateしておく)
    ・character set sjis (読み込むファイルの文字コード)
    ・FIELDS 
    ・TERMINATED BY ','  カンマで1フィールドを区切る  ’区切り文字を入れる’
    ・ENCLOSED BY ' " '     フィールドを囲むキャラクタ 
    ・LINES TERMINATED BY '\r\n'; (改行コード) 
※Excelで作成するとデフォルトはCR+LFなので、LINES TERMINATED BY ’\r\n’; となる。
※改行コードがCRならばLINES TERMINATED BY ’\r’; 
※LFならば、LINES TERMINATED BY ’\n’; 

4.今回取り込んだデータの一例

54,貸出可,1月2日,20161273,ハードウェア,サーバー,新しいLinuxの教科書,https://www.amazon.co.jp/dp/4797380942,大角 祐介,SBクリエイティブ,2016/10/21 11:00,01-02-0019
55,貸出可,1月2日,20161272,ハードウェア,サーバー,新しいLinuxの教科書,https://www.amazon.co.jp/dp/4797380942,大角 祐介,SBクリエイティブ,2016/10/21 10:58,01-02-0018

・booleanについて
booleanは、内部的には`tinyint(1)として扱われる。
何も指定しなければデフォルトで0(false)が入る様になっている。

参考:http://rfs.jp/sb/sql/s03/08-6.html