Edited at

ARライブラリ ArUco を CMake なしでビルドする

More than 3 years have passed since last update.

軽量ARライブラリ ArUco 2.0.10 (2016-07-29版) をビルドします。


実験環境


  • Windows 10 (Anniversary Update) 64bit

  • Visual Studio Ultimate 2013


手順


1. ArUco のダウンロード

公式サイトからダウンロードして解凍する。

投稿時点で 2.0.10 (2016-07-29版) が最新でしたので、ここではそれを使います。


2. Visual Studio でプロジェクトを作成


  • ファイル→新規作成→プロジェクト

  • 左のペインから Visual C++→Win32 を選び、右ペインで「Win32 コンソールアプリケーション」を選択

  • 名前を aruco2.0.10 などとして、「OK」で進む

プロジェクト設定ウィザードが出るので


  • 次へ

  • アプリケーションの種類:スタティックライブラリ

  • プリコンパイル済みヘッダーはチェック外す

  • SDLチェックも外す

  • 完了


3. NuGet で必要ライブラリをインストール


  • プロジェクト→NuGetパッケージの管理

  • 左ペインでオンライン→nuget.orgを選択

  • 右上の検索欄を使い、「OpenCV」「Eigen」をみつけてインストール


4. プロジェクトにソースファイルを追加

(手順1. で解凍した ArUco のフォルダ)/src を開き、サブディレクトリも含めて、*.h ファイルをVSのソリューションエクスプローラーに投げ込む

*.h ファイルは「ヘッダーファイル」に、

*.cpp ファイルは「ソースファイル」に。

arc1.PNG


5. ビルド

Ctrl+Shift+B でビルドする。

サブディレクトリ内の svmmakers.hdictionary_based.h でインクルードファイルのエラーが出たら、それらのファイルの先頭の

#include "ほげほげ"

ほげほげ の頭に ../ を追加する。 <>でインクルードされてる行は変更しない。