history

history コマンド結果の表示変更(日付表示、除外コマンド設定)とサジェスト検索方法

history コマンドが、さらに使いやすくなるコマンドを知りました。

history コマンド結果に日付を表示させる

設定

$ echo "HISTTIMEFORMAT='%y/%m/%d %H:%M:%S '" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

確認

$ history 10
  513  18/01/11 13:24:09 echo "HISTTIMEFORMAT='%y/%m/%d %H:%M:%S '" >> ~/.bashrc
  514  18/01/11 13:24:10 vi ~/.bashrc
  515  18/01/11 13:24:23 source ~/.bashrc
  516  18/01/11 13:24:27 history 10

historyコマンド結果のサイズを変更する

*Macの初期値は、「500」になっていました

$ echo "HISTSIZE=10000" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

特定のコマンドはhistoryコマンド結果に表示しない

$ echo "HISTIGNORE='ls*:history*'" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

ls で始まるコマンドとhistory で始まるコマンドは、
historyコマンド結果に表示されなくなりました。

サジェスト機能で、コマンド履歴検索を行う

「ctrl + r」 をクリック

下記の表示がされたら、検索キーワードを入力する

(reverse-i-search)`': 

*これまでは、検索機能を知らず、「history | grep cat」のように検索していました。。