Help us understand the problem. What is going on with this article?

StripeのキーをFirebaseの環境変数に設定した

はじめに

先日、Stripeとfirebaseを用いたサービスをリリースしました。その際にStripeのシークレットキーを環境変数に設定したくなり、ドキュメントを漁りました。
https://firebase.google.com/docs/functions/config-env?hl=ja

まずStripeだけども

stripeには2種類のキーがあります。
公開可能キーとシークレットキーですね。
公開可能キーはStripe.jsつまりフロント側で使うキーです。
一方でシークレットキーは名前の通り外に公開してはいけないので、StripeAPIつまりサーバー側で使う(隠さなければならない)キーです。
今回はシークレットキーの設定についての話です。

シークレットキーを環境変数で設定するには

必要なこととしては以下たったの2つ!
※私はCloud FunctionsでAPIを作っています。
1.コンソールでコマンドを記述
2.Cloud Functionsでシークレットキーを呼び出すための記述

1.コンソールでコマンドを記述

firebase functions:config:set stripe.secret_token="sk_××××"

これだけです。ちなみに設定した環境変数を確認するには

firebase functions:config:get

して

{
  "stripe": {
    "secret_token": "sk_××××"
  }
}

となるはずです。

2.Cloud Functionsでシークレットキーを呼び出すための記述

index.js
const stripe = require('stripe')(functions.config().stripe.secret_token);

functions.config()で環境変数にアクセスでき、stripeオブジェクトのsecret_tokenプロパティを呼んでます。

まとめ

ドキュメントにあるようにStripeAPIに限らず様々なAPIで活用できる方法です。
セキュリティ対策のためにもぜひ活用してみてください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away