minecraft
VSCode
VisualStudioCode

Visual Studio Code でマインクラフトMODを開発できるようにした話

概要

ふと、MinecraftのMODを開発してみようと思い、EclipseとかIDEAとかじゃなくて、既にPCにインストールしていたVSCodeで開発できないか、と思いやってみたのでその私的メモも兼ねて…

前提

OS:Windows 10
Visual Studio Code : 1.18.1
JDK : 1.8.0 (x64)
Minecraft Forge : 1.12.2 - 14.23.1.2577
Minecraft Launcher : 2.0.1003

直接関係は無いけど、core i3レベル未満のCPUだとビルドに相当時間がかかることがあるみたい。

Gradleをインストールする

(いらないかもしれない…)

Gradle | Releases からGradleをダウンロードしてインストールして、環境変数を設定する。

参考 : Gradle初心者によるGradle事始め

Minecraft Forgeをインストールする

ダウンロード

適当なバージョンのMinecraft Forgeをダウンロードする。今回は1.12.2 - 14.23.1.2577を使用。

forge-wi.png

インストール

ダウンロードしたインストーラーを起動してMinecraftForgeをインストールする。

modsフォルダの作成

Minecraft LauncherからインストールしたMinecraft Forgeのものを選択してゲームを起動する。

mcl-f.png

.minecraftフォルダ(デフォルトはC:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\.minecraft\)にmodsフォルダがあることを確認する。

mods.png

MDKをダウンロードする

ダウンロード

Minecraft Forgeと同一バージョンのMDKをダウンロードする。

forge-mdk.png

展開

.zipで圧縮されているのでそれを作業フォルダに解凍(展開)する。以降、解凍されたMDKのフォルダ内で作業をする。

ビルドする

ソースコードは、サンプルソースが既にsrc\main\java\com\example\examplemod\ExampleMod.javaにあるため、それを使用する。

build.gradleがあるフォルダにターミナルで移動し

> gradle build

によりビルドする。

確認する

ビルドができていれば、build\libs\内にmodid-1.0.jarというファイルがあるはずなので、それを先のmodsフォルダ内にコピーする。Java9使用していると、エラーができるようなので、その場合は環境変数JAVA_HOMEを編集すること。

先の手順でMinecraftを起動し、ModからExample Modが確認できれば成功。

exmods2.png

exmods.png