Edited at

PHP Conference 2018に参加してわからなかったことまとめ


この記事について

2018年12月15日に大田区産業プラザで行われたPHP Conference 2018に参加しました。

その際に「気になったことや理解できなかったこと」と「それが何なのかを後で調べた結果」を纏めた個人的なメモです。

※筆者はプログラマ1年目、PHP+Laravel歴1か月程度です。

※PHPに直接関係のない用語なども登場します。

※本記事が筆者の初投稿となりますので、ご容赦ください。


~PHP~


trait

クラスのメソッドやプロパティだけを切り出したもの。


シグネチャ

Pharファイルで構成されるもの。


require-dev

composer.json内の開発用パッケージ。


Prophecy

PHPのモッキングフレームワーク。


~コマンド~


composer why-not

あるパッケージについて、なぜそれがインストールされていないかを教えてくれる(インストールされているのかを知りたい場合はcomposer why)


~手法~


ハニーポット

あえて脆弱なサーバを用意し、攻撃者を観察する。


~サイト~


Speaker Deck

スライド資料が掲載されている。


~その他~


バージョンを上げることの難しさ

バージョンが完全に移行できるまでは前方互換で調整するとか、不要なパッケージのインストールで本番環境に影響が出ないようにするなど、バージョンのアップグレードをいかに乗り越えたかという内容が複数のセッションで行われていた。


参考