Linux

nslookupコマンドまとめ

nslookup

DNSサーバに問い合わせて結果を受け取るコマンド

引数を指定して実行するモードと、対話的に実行するモードが存在します

書式: nslookup [option] [ipaddr/hostname/domain]

オプション

効能
-type リソースレコードタイプを指定する
-norecurse 再帰的な問い合わせを行わない
$ nslookup google.com

Server:     192.168.0.1
Address:    192.168.0.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   google.com
Address: 172.217.26.14

DNSサーバ192.168.0.1に対して問い合わせを行っています

キャッシュサーバが返答を行なっているので"Non-authoritative answer"とついています

DNSサーバに権威サーバ(ns1.google.com.)を指定した場合には結果はもちろん変わります

nslookup google.com ns1.google.com.

Server:     ns1.google.com.
Address:    216.239.32.10#53

Name:   google.com
Address: 172.217.24.142

Non-authoritative answer: が消えていますね

次は対話モードで使用してみましょう

$ nslookup
> server 192.168.0.1 // dns サーバを指定
Default server: 192.168.0.1
Address: 192.168.0.1#53
> google.com // google.com のIPアドレスを検索
Server:     192.168.0.1
Address:    192.168.0.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   google.com
Address: 172.217.26.14

次に、レコードタイプを指定して検索してみましょう

> server  216.239.32.10
> set type=MX
> google.com
Server:     216.239.32.10
Address:    216.239.32.10#53

google.com  mail exchanger = 10 aspmx.l.google.com.
google.com  mail exchanger = 30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.com  mail exchanger = 50 alt4.aspmx.l.google.com.
google.com  mail exchanger = 20 alt1.aspmx.l.google.com.
google.com  mail exchanger = 40 alt3.aspmx.l.google.com.

exit

大体こんな感じで使います